「ほっ」と。キャンペーン

チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:おもちゃコンサルタント( 5 )

社内研修に参加

f0154002_122646.jpg

先日多摩市内にある企業さんの社内研修にてキッズコ−ナ−を担当してきました。


担当と言っても私はおもちゃを出してキッズコ−ナ−を作ったら、研修を見学させていただきました。


こちらの企業は世界一の会社を目指しているそう。そのためには社会貢献だ!ということでいろんな取り組みをされているそう。


私が見学したのは子ども向けのワ−クショップ。からだを使って絵本を作ろう!というもの。


ファシリテータ−がさりげなく、でも確実に子ども達をワ−クショップの流れに入れるよう言葉がけしていきます。


前半はひたすら、汗をかくぐらい体をみんなで動かし、後半は抽象的な絵を描き、それを見てストーリーを作成。さらにそれを体で参加者みんなで表現する、これが一連の流れです。


正味2時間。
じっくり見学させてもらいました。しかも贅沢なことに見学中、ワ−クショップを学んでいる社員の方の解説つき。


この解説があるのとないのでは大違い。

言葉がけの意味、今内容がどんな方向に向かっているのかなど注釈を聞き、見ると参加者の変化、ファシリテータ−の役割がよくわかりました。


かなり勉強になりました。

子どもに流れにそってさせるのではなく、その子の内面から出るものを待っ、促す。
気分ののらない子ももちろんいます。
その子にどう働きかけるか。

やはりファシリテ−トする側に基本的な知識は必要なのかなと思いました。
体を一緒に動かすと場が一気に和やかになります。大人は子どもから出てくるものを決して批判せず受けとめること、小さな反応も見のがさず拾っていくことが大切だそうです。

子育てにも通じる事ばかり。


ワ−クショップを終え、キッズコ−ナ−に戻ると写真の作品ができてました。


忍者、かえるさんジャンプが人形でした!


貴重な経験をさせていただきました!
[PR]
by chitta_toy | 2011-01-17 12:02 | おもちゃコンサルタント | Comments(0)

コメントのお仕事

f0154002_11405336.jpg

先日東京おもちゃ美術館にて、おもちゃコンサルタント養成講座のグッド・トイレポートのコメントをさせていただく仕事をしてきました。


過去数回務めさせていただいているのですが、おもちゃコンサルタントの先輩方のコメントが素晴らしく、それに比べて自分は…と落ち込んで帰路につくことがよくあったなあ…。


今回一緒にコメンテ−タ−を務めたのは「グッド・トイ選考運営委員」のメンバーの方々。心強い。


今期の受講生はなんというか和気あいあいの雰囲気で、レポートの発表もとっても上手!


皆さんの発表を聞いていると、グッド・トイて何だろう?おもちゃの存在意義てなんだろう?といろいろ毎回考えさせられます。


選考に関わっていると、おもちゃに対してまずマイナス面、グッド・トイなのか否か?というところから入ってしまっている気がします。


受講生の方のレポートは「これが私のグッド・トイ」と屈託がなく、真っ直ぐなので聞いていて気持ちいいです。


一人の受講生の方が「おもちゃに意識がいきがちだが、あそびが一番大事!」と発表され、深く共感しました。


子どもの頃あそんだもの、お父さんから作り方を教えてもらったものなど思い出にまつわる発表もあり、ちょっと感動しましたね。


おもちゃがその時々の子どもの生活を彩っている、それを紹介したり販売させてもらえるなんて、私はいい仕事選んだなあと思いました。
[PR]
by chitta_toy | 2010-06-24 11:40 | おもちゃコンサルタント | Comments(0)

bloom&bloomにて

f0154002_18305119.jpg

今日は小金井市にあるbloom&bloomにておもちゃコンサルタント仲間とランチをしました。


小金井産の野菜をふんだんに使ったランチは、お肉料理でも重くなくて、胃にすぐ馴染む感じ。


デザートのイチゴの入ったプリンがまた優しい甘さで美味しかったです。


四人が集まったのですがなんとも贅沢な時間でした。


丁度ランチ中に私の電話が鳴り、ちょっとしたトラブルが発生。

落ち込んでいると対処の仕方をみんながアドバイスしてくれて、心が軽くなりました。


まだまだビジネススキルが足りないので、こういう事態がたびたびあるのですが、みんなそうだし、そういう事一つ一つ経験して前に進むんだと言ってもらい心強かったです。


仲間ていいなあ−としみじみ思いながら帰路につきました。


まだまだしゃべりたかったけど。


みんなそれぞれの立場で思いを持って頑張っている。そう思うだけで自分も頑張ろうと思います。


歳をとるとなかなか仲間ができる機会なんてありませんが、おもちゃコンサルタントになって随分仲間が増えました。


おもちゃコンサルタントを取得して何より良かった事です。
[PR]
by chitta_toy | 2010-03-05 18:30 | おもちゃコンサルタント | Comments(0)

 先週は次女が発熱。私も副鼻腔炎の名残か偏頭痛に悩まされました。

 そんな中、 21日の土曜日は今年の上半期で1番と言っていいくらい

 大きな仕事がありました。


 第4期おもちゃコンサルタント・マスター養成講座

 「遊びとおもちゃのワーク教授法Ⅰ」にて20分、普段の活動でおもちゃを

 どう使っているか、どう遊びを展開させているかお話してきました。

 
 受講者も他の講師陣もそうそうたるメンバーで、

 話をしながらおもちゃを持つ手が震えて困りました。

 受講者の中には受講動機におもちゃコンサルタント養成講座で

 私が「マスターを受講して仕事も人脈も広がった」といった事が受講の

 きっかけと書いてくださった方がいたので、

 自分の役割をしっかりやらねばと気合は入りました。


 講座終了後受講理由を書いてくださった方と再会。

 その方の職場でのおもちゃに関する子どもの変化のお話を聞かせて

 もらい感動。

 「大人も、おもちゃも子どもの育つ環境ですよね。」

 という言葉に深く共感。
 
  
 こうやって全国で頑張っているおもちゃコンサルタントがいると知ることは、

 本当に心強くパワーをもらえる。


 「遊びとおもちゃのワーク教授法Ⅰ」には私の他に2名の方が話をされたのですが、

 中でも巣鴨にある「ウッドワーロック」という、おもちゃ好きならみんな知っている

 おもちゃ屋の斉藤店長の講義は鳥肌もの。

 ネフ社の積み木の積み方を見せてくれたのですが、

 すごい!まるで手品のよう!

 全く無駄の無い手の動きの先で積み木があっという間に形を変える。

 その形がまた素晴らしい。


 我家にも同じ積み木があるので、帰ったら練習しようと決める。

 今後おもちゃの講座をどんどんやっていきたいと思っているけど、

 ただ話すだけでなく、手作りおもちゃやちょっしたお楽しみコーナー?

 アトラクション?があってもいいよなと思っていたので、

 今後ネフの積み木ショーを練習して講座に生かそうと決意する。

 あー影響されやすい私。

 でも多くの人にネフの積み木知ってもらいたいし…。

 自分自身が楽しいし。



 熱い質疑応答終了後、夫の両親に預けた次女は熱も出さず元気とのことなので、

 申し訳ないなと思いつつ、皆さんといろんな話がしたく夕食に参加。


 隣の席の障害者の施設の所長さんと、食べながらかなりディープな話をする。

 障害者の方の性について。

 先日施設でおもちゃの広場を開いた時に、オーボールを2つ胸に入れ、

 「巨乳!」と遊んだ事、でもその後男性の方の目の色が変わってしまい、

 その場ではガールズトークのノリで楽しかったけど、男性を刺激してしまっい

 それは良くなかったと反省した事を話す。



 普通に接する事が一番だし、そうやって遊んだことはなんら問題ない、

 でも障害者の性の問題はいろいろあるとのこと。

 中でも涙が出そうになったのが、あるお母さんが「神様はこの子から普通の人としての

 機能を奪ったんだから、性の部分も奪って欲しかった。普通の生活が困難

 なこの子に性を残すのは酷だ。」

 とおっしゃったという。

 
 「女性の機能を取る手術をしたらいいのではないか」

 と相談された事もあるし、現に知的障害を持つ女の子が妊娠、出産することもあるとのこと。

 障害者の男性の親が風俗店へ送り迎えをする現実。


 一時期ベストセラーになった「セックス・ボランティア」を読んで、

 障害者の性について初めて考えた(勝手にそんなものは無いのではと思っていたような

 気がする)のですが、所長さんから語られる現実にただただ唸るしかなかった。

 
 乱暴な言い方かもしれないけど、性て人権でもあるでしょう?

 うまく書けないけど、性的なことってもちろん動物にもあるけど、

 人間が人間たる特徴でもあると思う。


 そういう意味では障害者の人権てどうなんでしょう…。


 例えば施設に入所している知的障害者の男女が性交渉に

 及ぶ際、職員はコンドームのつけ方を指導すべきか、否か。


 性交渉に至るまでの心の動き、雰囲気なんかも含めて性交渉なわけで、

 (女性側だけですかね…そんな事思うの)職員が途中で「では…」て教えに入るのも変だけ  ど、望まない妊娠も

 あってはならないわけで。


 実際にそのような状況から子どもは生まれていて、生まれた子どもの人権はどうなるという問
 題も起きているそうです。


 障害者自立支援法を立法する前に、もっと根本的な、障害者の人権について

 考えなくてはいけないんじゃないの?

 て思うけど、それは国がこうですよ、こうしましょう、と示すべきことなのか

 と話は堂々巡りになる。


 先日国会議事堂前に障害者と障害者に関わる人が

 全国から1万人集まった事知ってる?と所長さん。

 「いや、知らないです。」

 と私。「知らなくて当然だよ、どこも報道してないもの。ニュースにならないんだよ。」

 とのこと。

 臭いものには蓋をしろてことでしょうか…


 私がこれらの事を知って考えても何がどうなるものでもないけど、

 知らないよりはいいかなと思うのです。


 時々だけど、考えたり思いをはせたりする姿勢が大事なのかなと。


 所長さんも「知らないのが一番怖い。これからも気軽に施設に顔出したらいい。

 子どもも連れて。大人が普通に接しているのをみれば子どもも

 普通に接するようになるから。」とのことでした。



 ちなみにこの所長さんたぶん私とそんなに年齢がかわらない。

 子どもの歳も一緒だし。

 おまけにイケメン。夫以外の男性とこんなに長く話したのは久しぶり(笑)

 
 お話しして本当に勉強になった。


 その後ウッドワーロック斉藤さんにおもちゃやおもちゃ屋について熱く語っていただく。


 大いに刺激を受ける。

 もっと皆さんといろいろ話したかったな。


 そうそう大人になって良かったなーと思うことが一つ。

 性の話を恥ずかしがらずに堂々とできるようになったこと。

 でもそれって大人というかおばちゃんになっただけ?

 

 

 


 

 
 
[PR]
by chitta_toy | 2008-06-23 23:05 | おもちゃコンサルタント | Comments(6)

無垢工房へ


 先週は毎日おもちゃ関係の予定があり、

 とても充実した日々でした。


 おもちゃに関する講座を受講したり、おもちゃコンサルタント

 で立ち上げたプロジェクトに参加したり、極めつけは

 無垢工房にお邪魔したこと。


 無垢工房とは「チッタ」でも人気商品の「忍者」や「ならべっこ」

 を生み出した工房。

 


 「新商品ができたので遊びにきませんか?」と、

 工房代表の野出正和さんにお声をかけていただき、おもちゃコンサルタント仲間を

 お誘いして三人で埼玉県飯能市まで電車を乗り継ぎ行ってきました。


 工房の雰囲気はこんな感じ…


 
f0154002_5425291.jpg

 

 新商品予定のおもちゃを幾つか見せていただき遊んでみました。

 無垢工房のおもちゃは対象年齢を問わないおもちゃが多いですが、

 今回見せていただいたおもちゃは年齢が低めの子でも

 楽しめるものが多いように感じました。


 「忍者」のように「積む」「並べる」「見立てる」といろんな形であそべる

 おもちゃが新商品にあったのですが、今までの無垢工房の

 商品とはちょっとテイストが違い可愛らしい感じ。


 どれも商品化するのが今から楽しみです。


 いろんなお話をさせてもらい、印象的だったのが木のおもちゃを

 取り巻く環境の変化についてです。


 「これからおもちゃを作る時はそれを具体化できる技術を持つ

 職人がいるかを考えながら作らなくてはいけない。」とのこと。

  
 職人の世界にも高齢化の影響が出ているそうです。


 他にもいい木は中国に流れてしまうというお話も伺いました。

 中国にいってしまうということは、その木を高い価格で買い戻さなくては

 ならず、結果ガソリンや食料品と同じ道をたどることになるでしょう。

 
 ニュースで伝えられている事柄、高齢化や中国の進化などは

 おもちゃが生まれる現場にも影響しているのだな…と

 実感しました。



 「今やらなくてはいけないことを最前線で見るのではなく、

 一歩下がって見ることが大事。」

 と仕事の仕方のアドバイスまでいただいて帰ってきました。

 
 行きも帰りもおもちゃコンサルタント3人でおもちゃコンサルタントの

 活動の話で盛り上がり、得るものの多い一日でした。



 

 

 
 

 

 


 


 

 
 

 
[PR]
by chitta_toy | 2008-05-19 05:39 | おもちゃコンサルタント | Comments(3)