チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


 ヤフーのニュースを見ていたらタイトルの

 内容のニュースがのっていました。


 私も同感です。

 最近のアニメは小学生ぐらいの子が楽しめるような

 ストーリーが複雑なものばかりで(あまり見たことがないのでよくわかりませんが)、

 小さい子に安心して見せられるアニメが無くないですか?

 
 4歳の長女は日曜日に放送している「プリキュア5」
 
 を一時期見ていましたが、ここ最近はあまり見たがらないです。

 サザエさん、ちびま子ちゃんはかかざず見てます。

 プリキュアは家の娘には難しいというか、刺激が強すぎるようです。



 「まんが日本昔ばなし」は私が子どもの頃も放送されていて、

 ストーリーは覚えてないのですが画像と、、子どもながらにせつないもの悲しいと感じた

 感覚ははっきり覚えてます。

 決してハッピーエンドではなく、人間の愚かさ、浅はかさ、残酷さ

 でもそれらを全部抱えて昔から人は生きてきたんだということを

 わかりやすく子どもに伝えてくれる、すごい番組です。


 親子で見ると、自分が親になって見るとまた違った

 ものを感じられるのではと思います。

 今のところ復活の予定は無いとのこと。

 残念です。


 今はアニメだけでなく番組全体的に浮かれすぎというか騒ぎすぎ

 というか作ってる人と出演者しか楽しんでないんじゃないの?

 と思える番組が多すぎで、見てて疲れます。

 (見なきゃいいのですが…)

 あと白か黒かいいか悪いか、はっきり決めすぎの論調も多くて

 怖いです。

 悪い事は悪い。

 その通リなんだけど、そこにいたった背景とか事情とか

 もう少し感じても、配慮してもいいのでは?

 と思います。そういうところを検証しないで「悪い」
 
 て断言しててもまた同じことが起きるし。

 どうしてそうなったか、検証する事で次の「悪いこと」

 を少しでも防ぐ力にならないですかね。


 
 情報化社会になり人と人の繋がりは希薄に

 なっている今こそ昔の人達の知恵が必要だと思います。



 



 
 

 

 
[PR]
by chitta_toy | 2007-11-29 03:05 | 子育て | Comments(0)

 今日は八王子にて講座を受講。

 まずなりたい自分を文章にしシートに書き込みます。

 そしてその自分になるために10年後、5年後、3年後

 の自分はどうなっているか、

 これからの1年、なりたい自分のために何をするべきかも

 シートに書き込んでいきます。



 このような事は日々の生活の中で漠然と頭に浮かんでも、

 真剣に考えたり文章化することなんてまずないですよね。


 それを真剣にやってみるとかなりエネルギーが必要でした。

 終わったらお腹がすごく減った…。

 シートには参考のため自分、夫、子ども、両親の年齢を

 10年後まで書き込む欄がありました。

 それを見ているとあと2年後には子ども達もそれぞれの生活の場

 へ行き自分の時間が持てるようになると、

 認識でき自然に顔がにやけてしまいました。



 いろいろ書き込みましたがとりあえず10年後私が必ずしていたいこと。

 それは家族でオーストラリアへBP旅行。貧乏旅行がしたい。

 子ども達は自分のお年玉を使って旅行をしてもらう。

 お金の管理は自分でしてもらう。

 たまにホテルに泊まることもあるけど、基本的にBPもしくは

 ユースホステルに宿泊、世界中の人と触れ合いたい。

 WOOFに登録し農業も体験。現地の人の生活を体感したい。


 きっと学校では学べない、生きてく上で必要な力(コミニケーション能力

 とか自分の身の守り方、お金の有効な使い方)

 を学ぶいい機会になると思うなあ。


 今から旅行貯金しとかないと。

 



 

 
[PR]
by chitta_toy | 2007-11-27 18:56 | 講座 | Comments(0)

長女作手作りおもちゃ


f0154002_22104769.jpg 写真のおもちゃは4歳の長女が自分で

 考えて作ったおもちゃです。

 アイスのカップを二つくっつけて作ったおもちゃ。

 転がして遊ぶそうです。

 「お仕事に持って行って赤ちゃんと遊んでいいよ」とのこと。

 「赤ちゃん欲しいて言わなかった?」

 と自分のおもちゃのできを気にしていました。


 今まで私が講座などのため手作りおもちゃを

 作るのを見たり真似をして作ることはありましたが

 オリジナルは初めてです。



 今年の夏休みに手作りおもちゃの講座に連れて行き、

 材料を配布するのを手伝ってもらったのですが、

 それがとても楽しかったらしく強く印象に残っているようです。


 仕事をしていると娘が相手をして欲しいときも

 できなかったり、私がイライラして怒りっぽくなったりするので、

 申し訳なうなーと思うことが多々あるのですが、

 彼女なりに母が仕事をする事を理解しているのかな

 と思いました。


 何かしら彼女に影響を与えているのですね。

 当然か。

 やはりおもちゃを作ったとわかった時は嬉しかったです。

 子育ては大変だけど、やはりこういう瞬間があると

 この子のために頑張ろうと思いますね。


 このおもちゃは大切にとっておこうと思います。



 
[PR]
by chitta_toy | 2007-11-26 22:01 | 手作りおもちゃ | Comments(0)

行楽の秋


 昨日は武蔵村山市にある「内野園」にて生まれて

 初めてのみかん狩りを行いました。

 http://www.citydo.com/mikaku/list/hv0044.html


 みかん命、主食か?てぐらい毎日みかんを食す

 娘たちも受付でカゴとはさみを受け取り大はりきり!

 ちなみに費用は参加費大人300円、3歳以上は200円。

 みかん畑に内ではみかん食べ放題。

 みかんを持ち帰る場合はキロ300円です。

 
 

 柵を開けみかん畑に足を踏み入れると、みかんのさわやかな

 香りに包まれテンションが上がります。

 みかんは日当たり命なので斜面に木を植えてあるんですよね。

 なので娘たちはこけまくり、捕り損ねたみかんはおむすびころりん

 のように斜面を転がっていきます。


 それを真剣な表情で追っかける子ども達の様子が笑えました。

 4歳の長女は職人か?

 てぐらいみかんを選び、はさみを最初に開いてみかんの枝に挟み、

 両手で切り落とすという作業を黙々とこなします。


 つい「ねー楽しい?」と母は自己満足のためたずねるのですが、

 そんな愚問に答える暇は無いといった感じで無視されてしまいました。



 次女は両手をオレンジ色に染めながら

 ひたすらみかんを食べていました。


 冬独特のぬけるような青空とみかんのオレンジ色、

 葉っぱの緑色のコントラストの美しさ…。

 みかん狩りにすぐ飽きてしまった私はそれらを堪能し、

 なんだかすがすがしい気持ちになりました。




 今日は神奈川県にある「こどもの国」へ。

 ここで食べれるソフトクリームが絶品なんですよ。

 これを食べるためにわざわざ足を運んでもいい!と思えるくらい。

 まるで生クリームを食べてるみたいなんだけど、
 
 さっぱりしてて軽いのです。うーまた食べたくなってきた。


 ここにある固定遊具はどれも素晴らしいです。

 子ども達のやる気をうまく引き出し、ちょっと危ないけどやってみたい

 という気持ちを満たしてくれる遊具がいろいろあります。

 遊具のてっぺんにたどり着いた子ども達のいきいきした表情は

 自分の子どもではなくても見ていて気持ちのいいものでした。


 ふと見ると6歳ぐらいの女の子達が、地面に木の枝を並べ

 その間に落ち葉を置いて何か作っています。

 それが現代アートのようでとても素敵。

 環境がよければ子ども達は自分ででんどん遊ぶんだなーと

 思いました。



 


 

 







 f0154002_21172451.jpg
[PR]
by chitta_toy | 2007-11-24 21:15 | イベント | Comments(2)

 今日は多摩市にある諏訪児童館にて

 「おもちゃの広場」を開きました。

 正式な参加人数まだわからないけど、15組は超えてたはず。

 
 まだ0歳の赤ちゃん連れの方が多く、真剣に話を聞いてくださってので

 嬉しかった。



 2年前、初めてお母さんたちを前におもちゃの話をしたときは

 こうではなかった。

 緊張して頭が真っ白になり

 とりあえず考えてきたこと全部話さないとと焦り

 早口でまくしたてて話を終えたあの頃。

 うまく話せない、伝えたい事を伝えられない何ともいえない悔しさに、

 帰りの車の中で悔し泣きをして帰ったなあ…。

 何回も…。

 
 今は少し余裕が出てきてお母さんたちの様子を見ながら

 話をする事ができるようになった。

 話すことも簡潔になってきたし、様子をみて話を切り上げたり
 
 ふくらますことも多少できるようになってきた。(と思う)



 当たり前の事だけど努力て報われるんだなーと

 今日思いました。

 
 最近の子どもたちは失敗することを異常に恐れるそうな。

 失敗した自分を他人に見られたくないんだろうな。

 それって友達との間に自分自身をさらけ出すほどの

 関係が築けてないからなんでしょうね。

 あと自分に自身がないというか、自分が確立されてない

 というか。子どもだから当然なんだけど、その年齢なりの

 己が確立されてない、ひ弱というか。


 それらはいわゆる「生きる力」てものになるんでしょうね。

 私が保育士をしていた時代に「生きる力を育てる保育」

 という言葉がよく使われてたけど、今でもそうなのかな。

 
 うまくいかなくてもいい、失敗する事は次につながるんだ

 ということをシンプルに伝えられるのってやはり「遊び」

 を通してのような気がします。

 積み木がうまく積めなくても、工夫をして思い通りの

 ものを作っていくそういう経験がベースになっていくのかなと。


 真剣に好奇心の赴くままに遊ぶ赤ちゃん達を見ていて

 そう思いました。
[PR]
by chitta_toy | 2007-11-23 02:13 | おもちゃの広場 | Comments(2)

講座いろいろ


 火曜日は八王子で行われた講座に参加しました。

 カウンセラーの方が見守る中コラージュを作成。

 こういう作業は大好きなのでどんどん進む。

 一度貼ってあー違うと思えばはがしてまた貼りなおす。

 無心になってこういうことをする時間は普段の生活の中で

 まずないのでとにかく楽しい。


 
 早く終わったので他の方の様子を見ていると、
 
 貼る素材を全部切り抜いてから貼る人、一度置いてみて場所を確認して

 張る人、言葉を切り抜いて使う人、本当に人それぞれで見ていて

 楽しいかった。


 残念ながらそのコラージュから潜在意識をカウンセラーの方に

 みてもらう時間には参加できなかったが、カウンセラーの方

 も言ってたけど自分を解放して楽しく作業する事に意味があるそうだ。

 納得。



 水曜日はマムS広場で行われた起業家セミナーに参加。

 無料託児付きで助かった。

 ブックオフを例に会社運営の成功の秘訣、失敗するポイントなどを

 学ぶ。最初はなんだか私場違い…

 と感じたけど次第に、自分が普段頭の中で漠然と思っている問題点

 がクリアになっていきました。

 講師の方が「やれるやれない」ではなく「やるかやらないか」だとおっしゃった

 のが印象的だった。


 私はまだまだ「やれるやれない」のレベルだもんなー…と反省。


 
 今日は多摩市にある諏訪児童館でおもちゃの広場をやります。

 ミクシーに書き込んだりするとたくさん参加してもらえるのかしら?


 
f0154002_0333471.jpg
12月5日に豊ヶ丘児童館でやるので、ちょっと書き込んでみようかな。


 
 
 
[PR]
by chitta_toy | 2007-11-22 00:35 | 講座 | Comments(0)

青空営業


 先週の土曜日は調布で移動おもちゃ屋さんをしてきました。

 そこに集まったママ達は見ミクシーを通して集まったと聞き

 びっくり!!


 ミクシー、一応私も登録してはいますが、いまいち使いこなせていないのが

 現状。ミクシーを通してこんなことあった、こんな出会いがあった的な

 話はちょこちょこ聞いてはいたのですが実際にその場に居合わすと

 ミクシーが新しいコミニケーションの場になっているんだなと
 
 実感しました。


 
 今日は今週22日に多摩市の諏訪児童館で行う「おもちゃの広場」

 の打ち合わせに行って来ました。

 その後以前から気になっていたマムS広場へ。

 http://www.c-mam.co.jp/e_mam/index_e.html

 これから働こう、起業しようと考えているママを支援する場

 と新聞で見て一度行きたいとずっと思っていて、今日ようやく

 行く事ができました。


 
 簡単に自己紹介し、

 ちょうど児童館の打ち合わせのためにおもちゃも持っていって

 いたおもちゃを見てもらう。たまたま居合わせたインターンシップの
 
 学生さんが「これすごい!面白い!」

 とすごい喜んでくださった。

 彼らは現代福祉学科に在籍し子育て支援や老人福祉などを学んでいるとのこと。

 そういう方々におもちゃを見てもらえるのは本当に嬉しいし、

 ぜひおもちゃを大学での学びの中に取り入れて欲しいなと思う。


 学生さんと一緒にいた方はニュータウン再生事業にかかわる方で、

 街つくり、子育て支援、お年寄りといろんな世代の交流などを実践しているとのこと。

 
 もー私にとって出会うべくして出会った方!!

 いろいろこの方から学ぶことは多いぞ、と私のアンテナがびんびん反応する。

 私の活動にも興味を持っていただけたようなので、

 これから連携してがんばりましょう!

 と言って別れました。



 その後、天気が良かったのでマムs広場のすぐ前にある公園で次女と遊びました。

 砂場で遊んでいるとそこに居合わせたママが声をかけてくれたので、

 話の流れでマムS広場に来たことを話す。

 実は起業しおもちゃ屋をやっていると話すと驚いていた。


 話の流れがゲームになり、子どもがクリスマスにDSを欲しがって…

 とのことだったので、我慢できずドイツのゲームにはいいものがあるんですよー

 と営業をはじめてしまった。

 ついでに名刺もお渡しする。

 
 変な人と思われただろうなー。

 青空の下で話をしててつい開放的になってしいました。

 


 
[PR]
by chitta_toy | 2007-11-20 03:20 | Comments(0)

久しぶりの更新


 ブログの更新随分久しぶりになってしまいました。

 この間本当にいろいろあってとても充実していました。

 ざっと書き出してみます。


 古い話になりますがまず先月10月31日。
 
 私が住んでいる地域の子どもたちが大集合し、ハロウインを
 
 楽しみました。

 集まったのは80人をちょっと切るくらい。


 集合時間が早かったので予想より少なかった。

 お菓子を提供してくださるお家には目印がついているのですが、

 みなさん趣向を凝らしていて自動でシャボン玉が次々出てくる

 おもちゃで演出したり、キャンドルがいくつもともしてあったりと

 大人の方も楽しんでくれた様子。

 

 続いて11月3、4日。

 おもちゃフォーラムに出店。

 これは新宿にある小学校の体育館で年に一回行われる

 おもちゃコンサルタントのお祭りです。

 私にとっては不特定多数の方が集まる場所での

 初めての出店。

 気合入りまくりですっかりてんぱっちゃって、

 一日目は昼食も摂らずトイレにも一度も行かないうちに終了しました。

 
 そして11月6日。

 八王子で行われている連続講座「心に効くサプリ」

 にてパネリストを務めました。

 子育てしながらおもちゃ屋を始めた経緯や思いをお話

 させてもらいました。

 緊張するけど聞いてくれる人を前に自分の話をするのは楽しい

 としみじみ思いました。

 一緒にパネリストを務めた、ベビーシッターの派遣会社

 をおこした方といろいろお話させていただいて刺激を受けました。

 

 続いて11月11日。

 青梅で行われた「子どもふれあいフェスタ」に出店。

 もうすぐお孫さんが生まれる方が無垢工房の車
 
 を買ってくださったり、水彩を始めたばかりという方が絵の具を買って

 行かれたり、クリスマスのオーナメントが売れたりと

 子どもより大人の方に受けた出店でした。


 この間何組かのお客様が「チッタ」に

 足を運んでくださりました。

 少しずつですが自分の撒いた種が育ってきてるのかな、

 と感じる日々です。

 
 ずらずらと書いてしまいましたが一つ一つの出来事に

 出会えて良かった!と思える出会いがあり、ドラマがあり、学ぶものがありました。

 それをリアルタイムで書かないとねー。

 もったいないことをしました。

 
 明日も調布で移動販売です。

 どんな出会いがあるか楽しみです。

 

 
[PR]
by chitta_toy | 2007-11-17 02:29 | イベント | Comments(2)