「ほっ」と。キャンペーン

チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

来年へ向けて

年々一年が終わるのが早くなっている気がします。
今年は移動販売、多摩市内各所でのおもちゃの広場、市民企画講座、など初めて挑戦した事の多い一年でした。
木のおもちゃ「チッタ」に足を運んでくださる方も少しづつ増え、これから長くお付き合いさせて頂きたいと思える方にも何人も出会う事ができ充実した一年でした。
すでに来年の予定も次々決まっています。来年の目標も自分の中ではっきりしてきました。
来年もアクティブに頑張ります!

今年一年ありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願いします!皆様良いお年をお迎え下さいませ。
[PR]
by chitta_toy | 2007-12-30 21:37 | おもちゃ屋 | Comments(0)

そういえばサンタは…


 おもちゃ屋でありながらクリスマスにブログを更新しなかったな…

 反省。

 
 我家の娘達にはまず長女には「キャッスルラビリンス」という

 木でできたレールをつなげて道を作り、ビー玉を転がすおもちゃ

 (ピタゴラスイッチみたいな遊びができる)をサンタさんから

 いただき、次女はネフ社の代表作「ネフスピール」。

 ちなみにキャッスルラビリンスはチッタの商品。

 これは本当に親の趣味。2歳の次女は思い通リに積めないので、

 慣れ親しんだ「リグノ」で遊んでます。


 次女より夫がはまり、仕事から帰ってきたらビール片手に

 積んで遊んでます。


 クリスマスプレゼントを「チッタ」でお買い上げくださった

 お客様もいらっしゃり、サンタの役目をしっかり果たさなくては…

 と、とても緊張しました。

 子ども達の一年のうちで誕生日と同じくらい

 楽しみにしている日を彩るお手伝いができるなんてなんて

 光栄なんでしょう。やりがいを感じる瞬間です。

 クリスマスが終わってからお客様から連絡をいただき、

 「いいおもちゃでしたー。」とおっしゃって頂いた時は本当に

 嬉しかったです。

 
 来年も素敵なおもちゃをどんどん紹介していきたいな

 と思います。
[PR]
by chitta_toy | 2007-12-29 15:56 | おもちゃ屋 | Comments(0)

めんこある?


 先日近所のお爺さんから「めんこある?」

 と電話でお問い合わせをいただきました。

 残念ながら(笑)扱ってないので、「ないですねー」

 とお答えすると、「インターネットで調べて」とのこと。

 お安い御用なのでネットで調べると6枚で105円というショップを

 発見し報告。

 「それ見にいく。」とのことで我家へ。


 そもそもなんでめんこ必要なんですか?

 とたずねたところ来年近所の小学校の総合学習の時間に

 地域のお年寄りが参加し、昔あそびを楽しむのだそう。

 自分はめんこ担当で、学校側がめんこを用意するとは言っているが、

 念のため用意しとこうと思ってとのこと。


 めんこの他にあやとり、けんだま、こま、お手玉などを楽しむそう。

 なんだか楽しそう…。

 最近我家の長女もあやとりを練習しているのですが、

 なんせ私が子どものときから苦手なので教えてあげることができず、

 誰か教えてくれないかなーと思っていたので、

 そのイベント見学に行っていいですか?

 と思わずお願いしてみた。

 すると「いいよ、いいよ先生に言っとく。」
 
 とおっしゃってくださいました。

 嬉しー。


 その後「アトリエ倭」のおもちゃを紹介すると、

 「はーこれはいいおもちゃだねー」と感心されていました。

 

 お手玉の話をしていると、「数珠玉が一番音がいいよね」

 とお爺さん。

 数珠玉とは私も去年初めて見たのですが、川原に生えている植物の

 種?らしきもの。

 真ん中に小さな穴が空いているのでそこに糸を通してネックレスを作ったりして

 昔の人は遊んだそう。

 「手作りおもちゃに使いたいので数珠玉欲しいんだけど、

 どこでとれるかわからないんですよ。」

 と私が話すと、隣の市の川原で取れるから今度案内してくれるとのこと。

 近所で取れるなんて…!!

 
 そして近所のお爺さんいわく「お手玉名人」のおばあさんも紹介

 してくれるとのこと。


 その方にお願いして数珠玉でお手玉作ってもらったら?

 と提案され「それいいですねー」と大盛り上がり。

 お手玉の作り方と遊び方を来年習いにいこうと思います。

 
 こうやって地域の方とつながっていけるなんて本当に嬉しい。

 こうやって少しずつ地域に根ざして必要とされる店になっていけば

 いいなと思います。

 
[PR]
by chitta_toy | 2007-12-28 20:21 | Comments(2)

久しぶりのブログ


 すっかりブログの更新を怠ってしまい反省です。

 この間も本当にいろいろあり、「ブログに書かないと!」

 と思いながらできませんでした。


 更新しない間に起きた大きな出来事は
 
 一泊二日で沖縄へ行ったことです。

 出発4時間前まで次女がノロウイルスにやられて吐いていて、

 万事休すか…と思ったのですが、どうしても諦めきれず

 行ってきました。目的はただ一つ。

 「美ら海水族館」のジンベエ鮫。

 
 苦労してたどり着いた沖縄はとても暖かく(12月なのに20度以上ある)
 
 娘の体調も回復し、オフシーズンなので水族館も空いていて、

 世界一の水槽の真横にあるカフェでお茶しながらジンベエ鮫が泳ぐ姿を
 
 見る事ができました。

 
 私がジンベエ鮫を初めて見たのは大阪の水族館「海遊館」。

 その背中の模様の美しさ、大きな体で水中のプランクトンだけ

 食するという奥ゆかしさ、回遊魚でその生態はわからない事だらけだという

 ミステリアスさ、それらにすっかり惚れ込みました。


 オーストラリアにワーホリで滞在中、「エクスマス」
 
 というジンベエ鮫に遭遇できることで世界的に有名な土地へ

 行き、野生のジンベイ鮫を見てきたくらいです。

 
 「美ら海水族館」のジンベイ鮫もそれはそれは美しく、

 見ていて飽きないのですが、やはり水槽の中をぐるぐる回る姿は

 切ないものを感じるのでした。

 
 f0154002_1653675.jpg
[PR]
by chitta_toy | 2007-12-27 21:53 | その他 | Comments(0)

テレビの力

 
 水曜日に次女が金曜日からは長女、私が嘔吐に襲われています。

 次女はすっかり落ち着き、長女は今朝も調子が悪く夕方から元気に

 なってきました。


 私も辛かったのは昨日だけで今日は本調子ではないですが、

 普通に生活できるようになりました。


 今日放送された「ぶらり途中下車の旅」

 という番組で「チッタ」で仕入れさせていただいている、

 「おもちゃのこまーむ」さんが紹介されたそうです。
 http://www.comaam.jp/toytop.htm

 私はその事実を知らず番組を見ていなかったのですが、

 番組を見てこまーむさんのHPをご覧になった方から

 何件かお問い合わせをいただきました。


 いやーテレビの力てすごいんですね。

 びっくりしました。


 在庫の無い商品があったので慌てて注文しました。



 


 

 
 

 
[PR]
by chitta_toy | 2007-12-15 18:36 | Comments(1)

 いつも不思議に思うのですが、

 「チッタ」に問い合わせなどの連絡が一つ入ると、

 それからパタパタと他にもご連絡をいただくのです。


 まったく無い日も多いのですが、一度入ると連鎖反応のように

 ご連絡をいただきます。

 ありがたいことです。


 今日は出産祝いのご注文を頂き、ちょうどその方に用があったので、

 お届けに行って来ました。

 急に会うことになりなかなか買いに行く暇がなかったので、

 助かった、とおっしゃっていただけました。


 そういう風に言っていただけるのは本当に嬉しいことです。


 今ネットショップの準備をしています。

 対面販売を重視したいという思いはあるのですが、

 やはり子どもが小さいうちはなかなか思い通リに動けない

 というのも自分の実感としてありました。


 これからもいろんな場所でおもちゃに実際に触れてもらう

 機会をもちながら、地域で必要とされる場に

 「チッタ」が育っていけばいいなと思います。


 

 
 


 
 
 
[PR]
by chitta_toy | 2007-12-12 22:15 | Comments(0)

 今日はブログのタイトルそのままの講座に

 参加してきました。


 ただじゅんさんは劇と表現遊びの風光舎を主宰、

 劇や表現遊び、和太鼓などを使ったリズムあそび、

 おもちゃとあそびなどをテーマに全国各地でワークショップを

 されています。


 今日の参加者は0,1歳児が多かったので親子のふれあい

 あそびが中心でした。ただじゅんさんにかかると絵本の読み聞かせ
 
 が全身をつかって子どもと触れ合う機会になったり、

 折り紙はあかちゃんでも十分あそべるものだとわかったり、

 ちょっとした手遊びで子どもも親も心が弾んでくることが

 わかりました。

 参加した親子もとてもいい表情をしていて見ていて

 幸せな気持ちになりました。


 講座終了後、お昼を食べながらただじゅんさんといろいろ

 お話させてもらいました。

 最近疑問に思っていたことを一つ質問してみました。

 我家では娘のお友達が遊びに来ると

 私が「赤ずきんちゃん」の人形劇をするのですが、

 盛り上げるため、というか楽しんでもらうために

 「あなた赤ずきんちゃん?」

 と人形を動かしながら子ども達に声をかけたりします。

 
 そうやって茶化したりお話を変えたりするのは好ましくない、

 とある本で読んだのですが、演じることを

 お仕事とされている方から見るとどうですか?

 とお尋ねしたところ、「あまりそういうことは気にしなくていいんじゃない?

 読み聞かせも人形劇もライブなんだし、演じる側も見るほうも

 楽しければ。」とのことでした。


 その他やはり生の演劇、人形劇は料金が高くても見せる
 
 価値がありますよねー

 とはなしたところ、こんな話をしてくれました。

 デンマークでは子どもが小さい時は40人(確か。50人だったかな?)

 以下の人数で観劇すること、と決まっているそうです。

 (幼稚園や小学校などの観劇会での話しです。)

 40人が入れるテントのような囲いの中に入って

 普通の話し声くらいの声の大きさで演者が話すお話に耳を

 傾けるそうです。


 なんと贅沢な話でしょう。


 先進国の中で一番教育に税金が使われない国日本。


 目に見えて成果が見えないものを育てる余裕は今の

 日本から感じません。

 
 だからこそ親が意識してそういうものが豊かになる

 機会を持たなければいけないな、と今日改めて思いました。


 
 




 
 
[PR]
by chitta_toy | 2007-12-11 22:55 | 講座 | Comments(1)

嬉しい一言


 先日2歳の次女が一時保育でお世話になっいる保育園

 の先生から「遊ぶのが上手ですねー」

 とお声をかけていただきました。


 保育園の近所に新しい公園が出来たので行ってみると、

 そこには遊具らしきものはなく、動物や子どもの

 置物?があるだけだったそうです。


 動物の置物を見つけた次女は大喜びで駆け寄り、

 上に乗ったり頭を撫でたり、雑草をちぎって食べさせるまねをしたりと、

 一人でどんどん遊びを展開させていったそうです。

 「見ていて感心しました。」とのこと。


 うーおもちゃコンサルタント・マスターの母としては

 これほど嬉しい褒め言葉はないですね。

 他の事柄を褒めてもらうよリ何よりこの言葉が一番嬉しい…。


 遊び力とは想像力、創造力の源でありそれらがベースになっています。

 想像力と創造力の二つは生きる力そのものだと私は思います。


 それらが次女の中に確実に育っているのだな、

 と思うと母としての自分を少し評価しても

 いいかな、と思いました。


 一人目の時は子育て中心の生活で、働いていない負い目から

 何かと卑屈になるというか、自己評価が低かったように思います。


 なんででしょう?


 今なら子育て家事は立派な労働だ!と思いますがそれは

 仕事を始めたからそういえるような気がします。

 一人目の時に感じていた原因のわからないイライラや、
 
 焦燥感のようなものもあまり感じなくなりました。

 うまく考えがまとまりませんが、

 一人目の時のいらいらや焦燥感がどこから来ていたのか、

 きちんと検証しておいたほうがいいなとは思います。



 

 
[PR]
by chitta_toy | 2007-12-08 23:08 | Comments(2)

娘と編み編み


 今日は娘達と近所の公園へ小枝を拾いに

 いきました。写真の物を作るためです。

 (4歳の長女が作りました)


 これ、正式名称なんて言うのでしょう…

 おそらくシュタイナー教育の手仕事の一つだと
 
 思うのですが。

 とりあえず我家では勝手に「枝で編み編み」と名づけました。


 
 枝を十字に組み毛糸を巻きつけて固定し、

 毛糸を上下と規則正しく巻いていきます。

 私が黙々とやっている横で4歳の長女は興味津々。


 娘にやらせてみると、以外にもすんなり毛糸の巻き方を

 理解し間違うことなく手を器用に動かしていました。

 これにはびっくり。

 私の方が「あれ?こう?あれ?」

 と最初は四苦八苦していたのはなんだったのでしょう。



 手を動かすその表情は真剣そのもので、

 結果が目に見えるのもやる気につながるようで

 かなり集中してやってました。


 こういう手作業て冬ならではですね。


 集中する娘を眺めながら紅茶でも飲もうかしら…

 とめずらしく思って準備しようとしたら、2歳の次女が

 姉から枝を奪って大ゲンカが始まってしまいました。

 

 現実はこんなもんですよね。
f0154002_22374718.jpg
 



 
[PR]
by chitta_toy | 2007-12-06 22:37 | 手作りおもちゃ | Comments(0)

講座で得た事


 昨日、今日と午前中は講座に参加してました。

 昨日は八王子で行われた講座。

 1分間ビデオカメラの前で自分についてスピーチをしました。


 なかなか自分が話している様子を客観的に見る機会なんてないので、

 これはいい内容だなと思いました。


 おもちゃの話を今まで児童館などで何回かさせてもらって

 だんだん自分の話方の癖など(伝えたい事の補足が長すぎて

 何言いたいのかわからなくなる)感じていたところなので、

 ビデオの映像は興味深かったです。

 私は手作りについて話しました。

 最近羊毛ボールやトランスパレントを作っているが、
 
 手を動かしていると頭が空っぽになるのでみんなにも

 おすすめという内容。

 とりあえず思ったより落ち着いて話す事ができて一安心。

 でも講師の方の話を伺っているとまだ話すスピードが速いし、

 話方にメリハリがないな、反省。


 他の参加者の方はかなりプライベートなお話をしてくださりました。

 大袈裟だけど皆さんが過ごしてきたこれまでの人生の一部分を

 知ることで、生きる、生活していくということはなんて尊いのだろう

 と感じました。

 悩み、決断し、もがき、喜び、いろんな事を乗り越えて今日がある

 ということはなんて素晴らしいことなんでしょう。

 

 道を歩いているといろんな人とすれ違います。

 みんな当たり前だけど知らない人たちで、講座で出会った

 方達もこの場で出会わなければ知らない人の一人でした。

 でもこうやって共に講座を受講したことでお互いの存在を知り

 粛々とみんな日々を過ごしているとわかると、

 嫌なニュースの多い世の中だけど捨てたものではないな、

 と思えてきました。


 それぞれ仕事や家庭があるので、若い頃のように

 一緒に過ごす時間はないですが、

 みんなに出会えて良かったなと昨日は心から思いました。

 

 この連続講座でみんなが感じた事、得たことはかなり大きかったんだな

 と感じ胸が熱くなりました。

 

 
 
[PR]
by chitta_toy | 2007-12-06 02:24 | 講座 | Comments(2)