チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

消える専門店


 まずは告知を。

 2008年3月4日(火)

 すくらんぶるーむ(多摩市内にある諏訪商店街の一角。かんじ鍼灸院横)

 にておもちゃの広場を行います。

 「チッタ」で扱っているおもちゃ(一部扱っていないものも)を40点ほど

 用意し、自由にそのおもちゃで遊んでもらいます。

 ちょこっとおもちゃコンサルタント・マスターの
 
 私がおもちゃについてのお話をさせていただき、

 みんなでお茶を飲みながら羊毛ボールを作ります。

 時間はAM10:30~12:00まで。

 参加費 500円(お茶、お菓子、手作りおもちゃ、今回は羊毛ボール作ります)

 ぜひ遊びに来てください!!

 今後もすくらんぶるーむで子育て世代の方を対象にした、

 いろんな企画が催される予定。

 というか私がいろいろ企画を持ち込んでるので。

 多摩ニュータウン活性化の一環で生まれたこのスペース、

 地域の方々といろんな企画を楽しみたいと思っています。




 このように生まれる場所があれば去っていく店もあり。

 先週惜しまれながら国立で11年続いた絵本とおもちゃの専門店

 「ペンギンハウス」が閉店しました。

 
 
 ショックです。



 店員さんは優しい方ばかりで、知識も豊富。(おもちゃコンサルタントの方

 もいた。)ヨーロッパのおもちゃから子どもに読んであげたいと思える

 数々の絵本、ママ向けの雑誌や書籍に可愛らしい雑貨…。

 週に一回は行われる小さなイベントには

 何回か参加し、新しい世界を知ることができました。

 一度店内に足を入れるとなかなか出ることができなかった。

 大好きなお店だったのに…。


 なぜ?突然の閉店。



 私が多摩市に越してきて7年、その間にペンギンハウスを含めて

 4件の近隣のおもちゃ屋、絵本専門店が閉店しました。
 
 
 どうしてでしょう?

 
 まあ私もそれらの店にしょっちゅう行っていたわけではないのですが、

 あの店に行けば売ってる

 わからなかったら教えてもらえる、

 行けば何かしら発見がある、

 そう思える店たちでした。



 絵本もおもちゃも大型店舗に行かないと手に入らなくなってしまいました。

 大量消費、大量生産の波にいやがおうにものらなくてはいけない…。

 
 それらのお店があった地域は綺麗事かもしれませんが

 おもちゃを買ってもらって嬉しい子ども、

 いい絵本に出会えて満足な大人、

 そういう人たちのかもし出すあたたかいオーラとでもいおうか、

 雰囲気がきっと漂っていたのではないかと思うのです。


 それが消えてしまう。


 地域にっとっても損害なのではないでしょうか?


 「チッタ」もこれから地域の方々に必要とされるべく、

 頑張らねばと思います。


 
 


 

 
 
 

 



 

 
[PR]
by chitta_toy | 2008-02-28 22:07 | その他 | Comments(5)

 昨日は南大沢市民センターにて

 おもちゃの広場を開きました。

 去年参加した「心に効くサプリ」講座

 を受講した仲間に声をかけ今回の広場

 は実現しました。

 自分で会場を押さえて参加費を設定する。

 どちらも初めての経験なので今後につながる

 いい経験ができました。



 寒い時期ということで体調を崩して欠席された方も

 いましたが大人12人、子ども13人の方々が参加して

 くれました。今回は羊毛ボール作りをやったので

 これくらいの人数でちょうど良かったかも。

 羊毛を手で転がすだけでフェルト化し、

 どんどん固くなっていく過程を楽しんでもらおうと

 企画したのですが、

 なかなか丸く固くならずみんな苦戦…。


 でもおしゃべりでもしながら時間をかけてころころして

 ると固くなるよ、と励まし結果みんな素敵な羊毛ボールが

 完成し、嬉しそうな表情を浮かべているのを

 見て企画してよかったなー

 と一人で感動してしまいました。


 
 途中でおもちゃの話を少しさせてもらいました。

 オーボールはこんなに遊べる!と遊び方をいろいろ

 提案したのですが、私のお気に入りの遊び方

 オーボール2つを服の下に入れ、巨乳になること。


 引かれることなくウケてほっとしました。

 手で触ると人口のおっぱいみたいで変な意味で

 リアルなのでオーボール2つお持ちの方はぜひお試しあれ。


 


 
 
f0154002_1874972.jpg

[PR]
by chitta_toy | 2008-02-27 18:02 | おもちゃの広場 | Comments(3)

世界名作劇場

遂にデアゴスティ~二から世界名作劇場シリーズが発売されましたね。いとこのブログで発売されると知ってからこの日を心待ちにしていました!


初めてデアゴスティ~二を購入。定期購読も速攻電話で申し込み、その時告げられとまどったのが途中でこのシリーズが販売中止になる可能性があるという事。



そんな話…。
「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」「あらいぐまラスカル」の三作品が一話づつ入って、全52話、今後51冊届くわけです。


週一冊ペースで51冊…。ちょっと気が遠くなりますが(価格も…)途中で打ち切られても困ります。
今はなんとか再終話まで刊行されるよう祈るばかりです。



大人になり母となって見る世界名作劇場は子どもの頃と全く違う見方ができ、それはそれで楽しいです。
「フランダースの犬」はオープニングの♪ランランランを聞いただけで再終話を思いだし泣けてきて、「母をたずねて三千里」はマルコとお母さんが別れるシーンで号泣…。
子どもの頃はわからなかった時代背景や登場人物達の状況、外国の文化がわかるし、何より今のアニメと違って画像がシンプルなので見やすいのです。



なんとか再終話まで刊行されるよう皆さんもぜひ定期購読してみて下さい!
[PR]
by chitta_toy | 2008-02-25 01:19 | Comments(1)

ヨガ初体験


 先月まで受講していた講座のメンバーが、

 講座終了後ヨガ教室を始めたので、21日に行ってきました。

 この教室の魅力はなんといっても

 子連れでヨガを楽しめること。
 
 子どもは教室の隅に用意されたおもちゃであそび、

 その間ママ達はヨガをするというスタイルなのです。


 極度の肩こり、腰痛持ちなのでヨガには随分前から興味があったのですが、

 なかなか体験する機会がなく、子どもを預けてスポーツクラブに行く余裕もなし。

 なのでこの日をとても楽しみにしていました。

 
 10人ほど参加者があったのですが、レッスン中はママと離れられず泣き出す子が続出。

 そりゃそうだよね、見知らぬ場所に連れてこられて怪しい音楽は

 かかってるし、ママも奇天烈なポーズとりはじめるし…。


 我家の次女も最初は用意されたおもちゃで遊んでいたのですが、

 すぐにあきて私の側へ。


 抱っこしたり、体の上に載せたりしながらなんとか先生の

 おっしゃるポーズをきめました。

 なんとなくですが血のめぐりが良くなったような感覚を

 味わうことができました。

 古いどろどろした血液が流れてさらさたした血液に

 入れ替わったような感覚。


 翌日から覚えたポーズを自宅でもやっていて、

 肩が軽くなったり足の疲れがとれやすかったりと、
 
 効果が出ています。


 自宅から遠いのですが、講座で知り合った仲間にも

 会えるしまた行きたいなーと思ってます。


 
[PR]
by chitta_toy | 2008-02-24 00:49 | 講座 | Comments(0)

アサヒタウンズ


 昨日のアサヒタウンズに載せていただきました。


 記事の内容も私が伝えたかった事がそのまま書かれて

 いたように思います。

  
 普段言葉で話している事が、活字になると

 ちょっときつく感じたりして、もっともっと自分の言葉に

 責任を持たなくてはいけないな、

 感じました。

f0154002_20241297.jpg


 
[PR]
by chitta_toy | 2008-02-22 20:24 | その他 | Comments(3)

 18日(月)は国立成育医療センターへ行ってきました。

 http://www.ncchd.go.jp/


 来月成育医療センターで行われるセミナーに出展しないか?

 とお声をかけていただきその打ち合わせ行って来ました。


 私なんかが引き受けてもいいものか…

 最初は迷いましたがせっかくお声をかけていただいたんだし、

 自分にとって新しい世界が広がるのではと思い参加させてもらうことにしました。


 成育医療センターには初めて行ったのですが、

 病院なのに病院らしくなくてびっくり。

 まず病院独特のにおいが一切しない。

 地下にあるパン屋さんから焼きたてのパンの香りがする!

 吹き抜けのロビーには子どもが遊べる広いスペースがあり、

 大きな窓からはよく整備された庭が見えて開放感にあふれています。


 地下にあるおもちゃライブラリーにお邪魔し、短い時間ですが

 ボランティア活動に参加させてもらいました。

 おもちゃライブラリーには世界中のおもちゃがあり、病気や障害が

 ある子ども達にいろんなおもちゃであそぶ機会を提供しているそうです。

 そのサポートをおもちゃコンサルタントの方々がボランティアで行っています。


 おもちゃライブラリーに入った瞬間、一気にテンションが上がります。

 これ見たことないなー、どうやって遊ぶんだろう?

 と思わずおもちゃに手が伸びてしまうのでした。


 子ども達がおもちゃで遊ぶ様子を見ていて、おもちゃについて改めていろいろ

 考えました。

 「おもちゃはコミニケーションツール」とよく話すのですが、

 この日はその言葉を実感しました。

 
 おもちゃに触れて子どもたちが笑顔になる、

 それをみてまわりの大人も笑顔になる、

 おもちゃの力、可能性を改めて感じた一日でした。


 

 
 

 

 

 

 
[PR]
by chitta_toy | 2008-02-20 23:48 | その他 | Comments(4)

親睦会


 今日は次女を一時保育で預けている保育園で

 親睦会がありました。


 この保育園では一時保育だけのクラスがあり、そのクラス役員を

 今年度は務めました。


 その集大成が今日の親睦会。

 この日のためにスタッフの方々へのメッセージカードを

 クラスのみんなにお願いしたり、花束を注文したり、

 会のプログラムを考えたり準備をしてきました。


 子どもを2人連れて参加したのですが、

 ばたばたと動き回り母があまり自分の側にいてくれないので、

 次女は不満そう。天気が良かったので参加者みんなで

 散歩に出かけたのですが、歩かず、ずーと抱っこ。

 でもそのお陰でなんとか機嫌がなおりました。


 お昼を食べてから私の提案で新聞あそびをしました。

 ダンボールを高さ30センチぐらいに切ったものを

 長くつなげて輪の状態にした物を持参。


 みんなで新聞をちぎって輪の中に新聞を入れ、新聞プールを作りました。


 これが予想以上の盛り上がり!!

 新聞を使った他の遊びも提案するのですが、

 そんなのおかまいなしで、キャーキャー言いながら新聞をかけあっこ

 していました。


 驚いたのが長女のアシスタントぶり。

 「新聞配るね」

 といそいそと新聞を参加者の子たちに配ったり、

 マイクを握り「新聞まだあります!」

 とお知らせしたり。

 長女の成長した姿を見ることができました。


 子連れでいろんな活動をしていると

 自分の子をほったらかして私は何をやっているのか?

 と思うこともあるのですが、

 子ども達は母の姿を見て何かしら感じてくれてるのだな、

 と胸が熱くなりました。


 来年度私が役員をすることは無いのですが、

 親睦会をやるなら何かしら企画をさせてもらおう思います!
 
[PR]
by chitta_toy | 2008-02-16 22:01 | 子育て | Comments(1)

 昨日はバレンタインデー。

 
 バレンタインに全く関係ないことで忙しくしておりました。

 午前中は多摩子ども劇場
 http://www.tama-kodomo.com/

 主催の「子ども・文化・地域コーディネーター講座」の2回目に

 参加してきました。

 昨日は「東村山子どもの劇場の変遷~0123歳から子どもの文化権
 
 ほ保障するために」というテーマ。

 テーマはなんだか難しそうですが、0歳のうちから本物のお芝居というか劇

 を見て文化、芸術に触れる機会をもってもらうために、

 東村山子ども劇場が行っている取り組みとは?

 という内容でした。


 3人の方がお話してくださったのですが、

 そのうち2人は私と同じような年齢、子どもの歳も同じということで、

 お話される内容は共感することばかり。


 例えば劇を見るにはそれなりの費用が要るわけです。

 費用を払って得るその時間、雰囲気、世界は支払った費用を上回るものが

 あると思うのです。(感覚には個人差がありますが)

 それはおもちゃも一緒で、木のおもちゃはそこそこお値段のするものも

 多いのですが、それで遊んでみるとそのおもちゃで遊ぶことによって

 得られる豊かな時間があるのではないかと思うのです。

 
 それをどう伝えるか。

 子ども劇場さんではいろんなワークショップ、イベントを行い、

 いきなり劇を見ようと誘うわけではなく、劇とはあまり関係

 ないところからアピールしていました。

 私にとってはおもちゃの広場がおもちゃの魅力を伝える場になるんだろうなと思います。


 パネリストの方のお一人が

 「本物だけ見せていれば、本物とそうじゃないものの区別が

 自然とできるようになる。」とおっしゃっていました。

 その言葉が印象的でした。


 芸術に限らず、本物、本音、本当を見つけるというのは

 大人でも難しいことでだなと思いませんか?

 本当の自分の気持ち、やりたいこと、欲しいもの、

 本物にたどり着くのは本当に難しい。

 本物の価値観も人によって違うし。


 他にも言葉にうまくできないのですが、

 (おもちゃは文化だ!とか。まだうまく自分の言葉で説明できない)

 いろいろ思うことがありいい刺激を受けました。



 講座終了後ケーキ屋さんで夫へのチョコを購入。

 久しぶりにケーキ屋さんに足を運んだのですが、
 
 昨日はお客さんが途切れることなく来ていました。

 甘い匂いをかいでいるだけで幸せな気持ちになりました。


 午後からは長女の幼稚園のお友達が遊びにきて、

 みんなで羊毛ボールを作ってあそびました。

 羊毛の感触、微妙な色加減それを楽しんでいると

 これも文化を伝えるてことだよなー

 なんてしみじみ考えてしまいました。文化と生活は切り離せない

 という1回目の講座で聞いた言葉を思いだしました。

 この写真は「チッタ」で羊毛を購入してくれたお友達の作品です。


 
f0154002_1235160.jpg




 
 
[PR]
by chitta_toy | 2008-02-15 12:03 | 講座 | Comments(1)

 今日は近所の児童館で今年2回目のおもちゃの広場。

 天気はいいけど恐ろしく寒い中、20組以上の

 親子が参加してくれました。


 この児童館では毎週水曜日は0歳児が集まり、

 小さな催し物をする日なので、今日も0歳児がメイン。

 こまを回して見せると、すぐ手でこまを止めて

 おもむろに口に持って行く…


 玉がスロープを転がるおもちゃも玉をつかんで口へ…

 というゆったりとした雰囲気の中おもちゃの広場は進行していきました。


 最近木のおもちゃが気になっているんです、とおっしゃる方や

 6ヶ月の子にはどんなおもちゃがいいですか?

 上から下に玉が転がるおもちゃはいいと聞きましたが

 本当ですか?


 などおもちゃに関する質問もいろいろ頂きました。

 みなさん、おもちゃについていろいろ考えていらして話をする

 私も力が入ります。


 その様子をずっと見つめている若い男性が一人…


 今日はアサヒタウンズの取材を受けることになっていたので、

 その記者の方がいらしていたのです。


 アサヒタウンズとは朝日新聞に毎週木曜に折り込みチラシと

 一緒に入っている、多摩地域の情報誌のようなもの。

 そこでおもちゃの広場の紹介をしていただけることになったのです。


 広場が終わってからインタビュースタート。

 どうしておもちゃの広場を開いているのか、

 木のおもちゃ「チッタ」と、木のおもちゃにこだわるのはなぜか?

 おもちゃで想像力が育つてどういうこと?

 
 などなどの質問を受け、お答えすると「あーなるほど…」

 と何度もうなずいていらっしゃいました。


 記者さんの友人にお子さんが生まれるといつも

 青山にある「クレヨンハウス」でおもちゃを買って出産祝いに

 プレゼントしていたとのこと。

 「あそこににいくと、自分がほしくなるんですよねー」


 なんてにこやかにおっしゃっていて、

 なんというかおもちゃマインドのわかる人じゃない、

 と嬉しくなってしまいました。

 
  
 取材が終わってからは出産祝いに…

 と「チッタ」一押しのおもちゃ「忍者」を4つ注文してくださりびっくり!!

 
 21日(木)のアサヒタウンズに掲載されるそう。

 どんな記事になっているか楽しみです。f0154002_21172745.jpg

 

 
[PR]
by chitta_toy | 2008-02-13 21:17 | おもちゃの広場 | Comments(4)

今年初のおもちゃの広場

今日は多摩センター子育てファミリーステーションcoucouにておもちゃの広場を開きました。



今年初めてのおもちゃの広場は20組以上の親子が参加してくださり大盛況。


隣りの市からおもちゃコンサルタントの方が手伝いに来てくださったので心強かったです。

今月はあと3回おもちゃの広場を開きます。
来週が児童館で次の週はmixy内のママのコミュの集まり、その次の週は去年参加した講座の仲間に呼び掛けて広場を開きます。

三月にも1回行う予定です。三月の中旬には娘の幼稚園が春休みに入るのでそれまでにやれる事はやっておこうと今月は予定がいろいろ入っています。

今後行う広場の中には初めて参加費を頂くものもあり、参加した方が楽しんでまた参加したい!と思ってもらうにはどうしたらいいかと思案中です。


先日読んだビジネス書の書評に「量は質に変わる」とあったのでそれを信じて楽しみつつ準備を進めていこうと思います。
[PR]
by chitta_toy | 2008-02-08 00:37 | Comments(3)