チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

家庭訪問にて

先日長女の小学校の担任の先生が、家庭訪問のため我が家にいらっしゃいました。


学校での長女の様子を聞いてから、「チッタ」へ長女がご案内し、テ-ブルゲ-ムを見てもらいました。


先生はまだお若い女性なのですが、体育会系というか、とてもはっきりときびきびした感じの方で、親としてはとても好感を持っています。気が合いそうだと一方的に思っていました。


テ-ブルゲ-ムを見ていただいたときの感想もすこぶるよく、「こういうゲーム類ははじめて見た。どういうものか個人的に勉強したい」「算数の授業に取り入れられそう!」ととても喜んでもらえました。


まだいろいろお話したかったのですが、次のお宅へ行く時間になってしまい残念。


学年主任にこれらのゲームの体験会など取り入れられないか提案してくださるとのことでした。


学校のカリキュラムは一年通してすでに完成しているので難しいとは思うが…とのことでしたが、先生が興味を持ってくださったことをとても嬉しく思いました。
[PR]
by chitta_toy | 2009-04-29 00:05 | Comments(0)
f0154002_15115342.jpg

現在発売中の雑誌PHP5月増刊号に載せていただきました。


ドキュメント 仕事-自宅だからこそ続けられる!というページです。
97ページです。


本屋はもちろんコンビニでも売っているところは売っているのですね。


もし見つけましたら見てやってください!
[PR]
by chitta_toy | 2009-04-27 15:11 | Comments(4)

学習の日々

友人に手伝ってもらいネットショップの準備を始めました。


「初心者でも簡単!」とのキャッチコピーはついていますが私にとっては全然簡単じゃない。

今までも二回申し込み、ショップ完成前に挫折しているので今度こそは…と思っています。


ネットショップに載せる商品説明や店のポリシーを考えました。頭に浮かぶ事を書くだけで新しい発見があり、驚いています。文にして客観的に見ることがいい効果を生んでいるのかもしれません。


なんせパソコンが苦手なので四苦八苦しますが、友人の力も借りてなんとか新しい世界を学習中です。


今日は月に一回開いているプレイセンターの勉強会に参加してきました。


そうそうたるメンバーが参加しているので、勉強を始める前の雑談が楽しく勉強になります。

千葉県でこの週末「こども環境学」というイベントを行っているようで、参加した方にチラシを見せていただきました。

講演会もワ-クショップも恐ろしく内容が充実していて参加したいものばかり!
こういう情報は一人ではなかなか手に入らないので助かります。


本題のプレイセンターについては、まず理念を学びました。


プレイセンターとは親達によって運営される遊びを中心とした幼児教育活動。家族が一緒に成長するというのが理念です。

勉強会を続け、プレイセンターの運営責任者でありフアシリテ-タ-役もつとめるス-パ-バイザ-の資格を取得しようと思っています。

学んだことが今後の活動に生かせそうなので。
自分が学んだことの発表の場にさせてもらえないかと考えています。
みんなが持っている知識や経験をシェアできる場になるといい。おもちゃについて学ぶ回もあるので、おもちゃと安全についてなどお話できたらと思います。
[PR]
by chitta_toy | 2009-04-25 22:12 | Comments(0)

植物と遊ぼう

昨日、学童保育に通う長女を迎えに行った帰りに学童のお友達が「この花甘いんだよ」とつつじを手にとりました。


私も子どもの頃やった-懐かしい。

お友達がやり方を教えてくれるので、長女、次女も挑戦。
次女は3ミリほどかじり「甘い…」と一言。


嘘だ…。


長女も微妙な表情で「甘い…」こちらも怪しい。


何個か挑戦して会心の笑みで「甘い!」

なんとか味わえたようです。

つつじの木の後ろには空き地が広がり、入学したばかりの時は一面つくしが咲き、子ども達と一緒につくしをつみました。

今はつくしは影をひそめ青あおとした雑草が成長していて、春が深まっているなあと実感しました。


そういえばつくしつみをたのしんでいた際、長女が「こんなにとってどうするの?」と一言。

とることに夢中でどうするなんて考えてないよ…。


とりあえずパパに見せるということでその場はおさまりました。


子どもの何気ない一言に一つ一つ構ってもいられないのですが、たまにふと考えこんでしまうような言葉も発するのであなどれません。
[PR]
by chitta_toy | 2009-04-23 10:42 | Comments(0)

佐々木正美先生講演会へ

 今日は多摩市内で行われた佐々木正美先生の講演会「子育でいちばん大切なこと~親がやるべきこと

 やってはいけないこと~」へ行って来ました。

 
 最前列で聞いていたのですが何度も胸が熱くなり、参加して良かった!

 と心から思いました。


 これでいいのかな…と迷っていたことの答えも先生の言葉の中から見つける

 ことができました。やはり40年以上臨床の現場にいる方の言葉は説得力があります。


 幾つが私が印象に残ったことを書きますね。


 ・OECDの調査によると、

 日本人は世界一孤立して生きている。家族、地域、友人と離れて生きている。


 ・親が子育てで一番大切にしなくてはいけないこと。
  それは人を信じ、人といきいきとコミニケーションがとれる子にすること。

 ・人は人間関係の中からしか生きる意味、価値を見つけることができない。

 ・人は人との関係を失うと生きる力も失う。

 ・1歳前後の年齢になり自分の意思で動き回るようになる頃、こどもが振り返ると見守っていてくれる
  人がいること、その経験をするたびに蓄積されていく感情が生きる力につながる。

 ・人を信じることができないと自分も信用できない。

 ・自殺者は年間3万人、登校拒否は13万人、引きこもりは50万人、ニートは60万人、
 どれもおよその数字ではあるが、これらの数字は世界的に見ても日本だけが圧倒的に多い。


 箇条書きするとあっさりしたものですが、先生がなんどもおっしゃったのは

 「人を信じコミニケーションをとれること」このことでした。

 これが出来ない子はいい大学に行ってもいい会社に入っても何かしらの困難に

 あうことになるとおっしゃっていました。


 喜びを分かち合うことがコミニケーションの始まりであり、それが出来ない人には

 他人の悲しみは理解できないという言葉も印象的でした。


 いろんな価値観の人の中に子どもを行かせなさいとも。


 お話を聞いていてつくずく思ったのは、私がおもちゃコンサルタントとして活動する時の

 スローガン、「おもちゃは心の栄養、人と人をつなぐコミニケーションツール」

 これは間違いじゃなかったということでした。


 おもちゃコンサルタントとしてもっともっと今の活動を精査し充実させていかなくてはと決意しました。

 おもちゃを販売していくことももちろん大切な仕事です。



 「子ども等を被害者に加害者にもせずこの街で暮らすため今何が出来るだろう」

 私は大切な娘達のために何ができるか?ミスチルのこの歌詞からおもちゃコンサルタントの活動をはじ    め、

 「僕のした単純作業がこの世界を回り回ってまだ出会ったことの無い人の

 笑い声を作っていく」というミスチルの「彩り」という曲の歌詞に共感しながら活動しています。


 先日友人といろんな話をしたのですが(その方もおもちゃコンサルタント)
 その際
 「あそびのソフトの面を充実させるおもちゃコンサルタントの活動は尊い」

 というようなことを言っていました。

 本当にそうだなと思います。


 最後の質問タイムにて私が質問させていただきました。

 「子ども達が電子ゲームであそぶことを止めることはできないので、テーブルゲーム

 のようなアナログなゲームの普及に努めているが電子ゲームについてどう思われますか?」

 佐々木先生の答えは友達と楽しく遊んでいればゲームなんていらない、電子ゲームを

 子ども達の生活から排除するのはもう無理だと思う。

 あの子がいて友達と遊べて本当によかったと思える経験をさせるてあげてほしいとのことでした。



 地道に粘り強くこれからも活動していこうと思います。


 


 


 


 
[PR]
by chitta_toy | 2009-04-21 16:34 | 講座 | Comments(2)

見ましたよ

f0154002_23381935.jpg


先日、公民館の会報誌の取材を受け、現在多摩市内の回覧板に挟まれ回覧中です。それを「見ましたよ!」とお声かけてくださる方が多く、みなさん回覧板見てるんだな…と感心しました。長女の小学校保護者会に参加し、帰ろう思ったところ同じクラスのお母さんから声をかけていただきました。


私も会員になっている多摩子ども劇場の仲間から私の活動を聞いていたとのこと。

おもちゃ屋としてもおもちゃコンサルタントとしても、まずは私の存在を知ってもらうことが第一なので嬉しかったです。


次女の幼稚園の保護者会に参加したときも、以前チッタに遊びに来てくださった方が同じクラスとわかり、購入したおもちゃで今でも遊んでいると言っていただき感激…。


チッタのおもちゃが遊びを彩ることができて良かったです。


他のクラスの方からも友人のブログで私が紹介されてた、と声をかけていただきました。

こんなこと今まであまりなかったので、名前は少し知ってもらえるようになったようで今後の活動にはずみがつきます。


そして保護者会を終え帰ろうとすると、他の学年のお母さんから声をかけていただきました。

去年幼稚園で私が講師としてテ-ブルゲ-ムの講座をさせていただいたのですが、その時遊んだ「ディンゴ」というゲームを、小学校に通う上のお子さんのクラス会で手作りし、みんなでプレイしたところ大盛り上がりだったそう。
周りの反応も良く、このゲームは自分で考えたの?などゲームに関する質問が多かったとのことでした。

「ありがとうございました!」と言っていただき本当に本当に感動しました。

あの日私が投げかけたことがこうやって広がり形になって喜んでいただけるなんて…。

文章にしてしまうと何行かで終わってしまう出来事ですが、声をかけてくださったお母さんと私が言葉を交わした数分間は私にとって宝物です!おもちゃコンサルタント冥利につきます!

まだ興奮が冷めません。

ゲームの講座の新しい方向性が見えたし、我が子のクラスで作ってみても面白いかも。


学童保育にてゲームだけではなく、手作りおもちゃを一緒に作りたいと申し出たところ、五月はエコ工作がテ-マとのこと。なんてタイムリーと施設長さんも喜んでくれました。
私も修業ができるし、子ども達からどんなアイディアが出てくるか本当に楽しみ。
[PR]
by chitta_toy | 2009-04-15 23:38 | Comments(2)

遊びに夢中

f0154002_16494952.jpg

長女が小学校に入学して一週間。


疲れていると思うのですが、寝る瞬間まで何かしらして遊び動いています。


少し体を休めたらいいのに…と思うのですが。

近所の子ども達一緒に新聞を細く巻いたもので遊びました。剣にして遊びはじめたのですが、長女の口から聞きすてられない言葉が。


「悪者やっつけよう!次女が悪者ね」

小さい反抗できない子を悪者にしたてるのはどうなの?と思い梱包材として入っていた大きな茶紙を渡し、それで悪者を作るよう声をかけました。


クレヨン、セロテープで悪者作りスタート。子ども同士で相談しながら進めます。ちらっとしか見ていないのですが、一番年長の子がうまくリ-ドしていました。できた悪者はフェンスに貼ってやっつけます。


こうやっていろんな年齢の子が一緒に遊ぶことで遊びの幅が広がります。仲間に入れてもらえない小さい子達もお姉さん達のやっていることはちゃんと見ているものですよね。


先日は長女が通う学童保育にテ-ブルゲ-ムを持ってお邪魔し、子ども達とゲームをしてきました。


たくさんの子が集まってくれて、どのゲームをするか、順番決め、ル-ルの説明、ずるをしたときの対応など楽しみながらも私の頭はフル回転。


いい経験になりました。
月に一回ペースで遊びに来たいと申し出ると、職員の方が快諾してくださり月一回は「チッタさんの日」となります。


ゲームだけではなく、手作りおもちゃも教えておもちゃコンサルタントとして修業したい。


ゲームを通して子ども達の名前はわからないけど顔は覚えられたし、いろいろ話もでき、まさにおもちゃはコミニケ-ションツ-ルといった感じでした。
[PR]
by chitta_toy | 2009-04-13 16:49 | Comments(4)

花見弁当

f0154002_12312246.jpg

10時間30分には授業が終わる一年生の長女。


明日からは学童保育へ行くので今日は近所の土手でお花見ランチ。昨日の夕飯の残りのカレーにサラダ、卵焼きなど。手間もお金もかかってないけど豊かな昼食。

お弁当の前に散りはじめた桜の花びらをひろうのに夢中な二人。


お弁当を食べていてもシ-トの上や靴、頭に桜の花びらが舞い降ります。


目の前の川には鳥が泳ぎ、水音や鳴き声がきこえます。

風が吹くと花びらが一斉に雪のように散り幻想的。


詩人チックな気分で「キレイ!」「気持ちいいね」と娘達に声をかけるも次女は弁当に夢中。
長女は「キレイじやない」「虫がきてやだ」とのたまう。


花びらがシ-トに落ちるときの「ポタッ」て音や鳥の鳴き声など繊細な自然の音に彼女らは気付いているのか?


弁当を食べるとブログをうつ母をほったらかしさっさと公園へ行ってしまいました。


親の気持ち子知らず…。
[PR]
by chitta_toy | 2009-04-09 12:31 | Comments(2)

入学

f0154002_13274564.jpg

昨日は長女小学校の入学式。


幼稚園の年中、年長と同じクラスで大の仲良しだった女の子と同じクラスになりまずは一安心。
四クラス、35人学級で多摩市内で一番人数が多い学校です。
今日から集団登校なのですが、この地域に同級生が17人いるのでなんとも心強い。



次々と渡されるお便り、学童保育の分も合わせて目を通すのですが、頭に入ってこない…。
子どもより自分がちゃんとやっていけるのか不安…。


今週末からは学童保育に行かせるため、今日はご近所のお友達に遊びにきてもらいました。我が子も入れてその数9人。下は二歳から上は九歳まで。


子ども同士であそんでくれるし、遊び方見てると我が子とは違う遊び方をするので、おもちゃ屋としてもおもちゃコンサルタントとしても勉強になります。


基本的にほったらかしてるけど。

我が子のお友達への接っし方もなかなか見物です。

テ-ブルゲ-ムのやり方を説明したり、それはだめ、あれしよう!と仕切る姿は意外としっかりしていて、我が子の新たな一面がみられました。
[PR]
by chitta_toy | 2009-04-07 13:27 | 子育て | Comments(4)

35の夜

f0154002_055544.jpg

今朝から夫と娘二人は夫の実家へ。


私一人入学、入園準備とお客様をお待ちするためお留守番。


結局お客様は明日いらっしゃることになり、お客様が帰ったら夫の実家へ行く、という話になっていたのにキャンセルしたのでお姑さん電話越しでやや不機嫌…。


というのも普段掃除せねば…と思いつつ後回しにしていたところが、子どもがいないと妙-に気になり掃除してたら肝心な入園グッズにかかるのが遅くなり、やりはじめるとなんせ二人分なのであれこれあって実家に行くのが面倒になって。


こういう作業は一気に終わらせるに限ります。

縫い物系はほとんど先月に完成してはいたのですが、名前つけたりなんだり大変でした。


それにしても一人てなんて素敵なんでしょう。

振り返ってみると今日のように純粋に一人で過ごす夜は子ども産んから初めてじゃないかしら?


静かで誰にも邪魔されず、何にも考えないで、冷蔵庫にあるもの適当に食べて、片付けしないで、たまった録画した番組見まくって(勝間和代さんと藤巻幸夫さんの対談番組に刺激受けたな。アメト-クの腰痛芸人は私も腰痛持ちなのでわかる~て感じ)あ-天国…。
命の洗濯。


今なら明日は子ども達に何があっても優しく接すると誓える。


昨日帰宅した夫が私の顔見て顔を歪め「どうしたの?おばあちゃんみたいだよ」とほざいたのです。

確かに今週はお友達と毎日のようにあそんでちょっと疲れてはいた。
だってお友達のがいると怒られないとでも思うのか、次女のわがままぶりがはんぱない。かなり手を焼きます。でも…おばあちゃんて…。疲れて返す言葉がみつからなかった。


悪い事をしたと思ったのか夫はしきりに「今日は一人でのんびりして!来なくていいから!」と言って出ていきました。


明日はお姉さんぐらいになってるかしら。


我が家は朝日新聞をとっているのですが、別冊?の新聞に尾崎豊の「15の夜」の歌詞がのってました。


昔カラオケに行きまくってた頃に一度だけ歌ったことあったな。

カラオケも六年行ってない。


今月一つ歳をとる私には尾崎豊の歌詞の思いがすっかりわからなくなっていました。
[PR]
by chitta_toy | 2009-04-05 00:55 | Comments(4)