「ほっ」と。キャンペーン

チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

素敵なお店で考える

今日は多摩市にある「アスタナガ-デン」というおしゃれなレストランで一人ランチしてきました。


真っ白な外観に壁の二面はガラス張り。天井が高く床は明るい色彩の木を使っているので解放感があり、照明器具もおしゃれ。

子ども連れではなかなか入りにくい店なのでは…と思ったのですが、連れていらしている方もちらほら。


食事が運ばれるまで子どもさんがテ-ブルであそべるようなおもちゃが提案できないかなあ、と考えながらランチをいただきました。


前菜のサラダは生の茄子やえんどう豆が入っていて、生で食するのは初めてですがみずみずしくて甘く美味しかっです。


食後はレストラン横の販売コ-ナ-へ。

多摩市で採れた果物を使ったオリジナルジャムや三鷹市の会社(名前わすれちゃった)のおしゃれな包装のドライアップル、やシリアル、オリジナルのおかきなどどれもこのお店を形作るにふさわしいものばかり。

ちょっとしたプレゼントや手土産にも喜ばれそう。

今までそれらを買うのに苦労していたので今度からこちらにお世話になろうと思います。


ディスプレイも参考になりました。

ディスプレイは私の長年の課題であります。

いろんなお店を見てインプットしているつもりなのですが、うまくアウトプットできない。

この二つの回路は全然違うのでしょうね…。

見れば上達するてものでもないのかしら。

今のチッタはあれもこれもとごちゃごちゃしているので、思いきって並べるおもちゃの量を減らそうかと検討中。


貧乏性なのかついあれもこれもとなってしまいます。

削る勇気ももたないと。

おもちゃの魅力が伝わらないと意味ないですもんね。

今日のお店は潔いディスプレイの仕方で参考になりました。
[PR]
by chitta_toy | 2009-05-19 21:06 | Comments(1)
f0154002_20171010.jpg

昨日はお休みをいただいて、調布で行われた「ままんすまいるかふぇ」に出店しました。


このイベントは、家族がやさしく過ごせる生活と、あなたの「ちいさないっぽ」を応援します、をモット-に現役セラピストのママたちが立ち上げたもの。


初参加でどきどきだったのですが、イベント前の打ち合わせわせに、おもちゃをつめこんだダンボールを荷台に載せ行くと、「かわいい」という声が上がり、中にはダンボールに施してあるコラ-ジュがかわいい…という声まで聞こえ感激。
おもちゃを運ぶためのダンボールを強化するため、いろんなお店の紙袋やカレンダーの絵をコラ-ジュしてあります。

なかなかかわいくできたと自己満足だったのですが、それに気づいてもらえて出だしから気分は好調でした。

会場に来てくださった方の中には以前チッタにきてくださった方、移動販売に来くださった方もいらして、そのとき購入したおもちゃ今でもあそんでいますと声をかけていただきました。


シンプルなので年齢に応じて長く遊べます!といつもおもちゃの説明をするときは言っているので、それが実践されていてとても嬉しいです。


妊婦さんが「迷っちゃう!」といいながらおもちゃを選ぶ様子はなんだか微笑ましく、チッタのおもちゃがファ-ストトイになるのかと思うと身が引き締まる思いでした。


小さいお子さんを連れた方が大半で、チッタのおもちゃを用意したプレイコ-ナ-は常にお子さんがいました。


のんびりしたゆる-い雰囲気で参加しているママ達が楽しんで、リラックスしているのが伝わってきました。


次回は7月上旬の予定。


日程が合えば参加予定です。
[PR]
by chitta_toy | 2009-05-16 20:17 | Comments(2)

新生活1ヶ月


 4月から長女小学校、次女幼稚園へ入学・入園しはや一ヶ月。

 今週からは「チッタ」も月、水、金営業となり、新しい生活のペースが

 ようやく掴めてきた気がします。


 昨日は友人にネットショップ開店の準備を手伝ってもらいました。

 私の作業が遅々として進まないのでまだ開店には至らないのですが、

 準備中ではあります。


 長女の幼稚園時代のお友達のママが店に顔を出してくれて

 お互いの子の近況報告。

 どこのお宅の子も疲れが出始める頃のよう。


 早々に始まった5時間授業、偏食家の長女には苦痛な給食、

 学童保育、今月末の運動会の練習…

 そりゃー疲れるよな…と思います。


 気がつくと私は学童保育の父母会会長に任命され、次女の幼稚園の運動会準備委員

 も務めることに。

 月に一度プレイセンターのスーパーバイザー資格取得の勉強会に参加、

 今月からは「グット・トイ運営委員会」という会にも月1で参加しています。


 あれもこれも欲張りすぎだと重々承知しているのですが、気がつくとこんな状態に。

 おもちゃ屋に集中しろよ!と自分で自分につっこみをいれたくなりますが、

 おもちゃ屋にもきっといい影響あるはずと信じてます。



 それにしても長女が小学校に入学してから、地域がさらに身近になりました。

 朝、長女をお友達との待ち合わせ場所に送り、お母さん方と挨拶したり、

 今まで幼稚園が違ったので遊んだことの無かった子と、遊ぶようになり我家にあそびに

 来てくれたり。顔見知りがこの一ヶ月でぐっと増えました。


 「チッタ」にあそびにきてくださる方もぐっと増えるように頑張ろうっと。


 木のおもちゃ「チッタ」
 〒206-0001
 東京都多摩市和田746-57
 TEL/FAX 042-389-5507
 月、水、金10:30~17:00
[PR]
by chitta_toy | 2009-05-14 23:30 | 子育て | Comments(2)

チッタさんの日

今日は長女の通う学童保育所へ。

「チッタさんの日」と名うったこの日は「箱カメラ」を作りました。

とは言っても学童保育の先生方が本体を全員分作成してくださり、子ども達は絵を描くだけ。

私としては牛乳パックを切るところからしたかったのですが、人数が多いなど様々な状況を考慮しこのような形になりました。


今日はこれを作ります!と「箱カメラ」の紐を引っ張り絵柄が変わると「すごい…」という子ども達のざわめきが…。

この瞬間がおもちゃコンサルタントとしてたまらない瞬間です。

子ども達の表情がイキイキしてきて、ワクワク感が伝わってくるようないい雰囲気。


完成すると次々と子ども達が「見て~」と持ってきてくれました。

お友達と見せあったり、職員の方々に見せに行ったりしているうちに、刺激を受けちょこちょこ改良する子、最初から最後までずっと机に向かい丁寧に絵を描きこんでいる子などさまざま。


面白かったのは「落ちる」という言葉の韻をふんだ言葉あそびを取り入れていたり、夜飛び立ったロケットが昼には墜落したとか、青いトマトが真っ赤に熟したなど。

一生懸命説明してくれる姿を見ていると、ついさっきまで「知らない子」だったのが、名札を見て名前を覚え(なかなか名前覚えられないのですが)、その子が存在していると私の中に書き込まれます。
認識されるて感じかな。


そうなると改めて思う事ではないのですが、その子が事件や事故に巻き込まれませんように、という感覚になります。


私の中の些細な変化ですが、地域で顔を知ってる大人、子どもが増えるのは治安面ではとても大切なことだと思います。

面白い大人がいるな~ぐらいに地域の子ども達に認識してもらうのが秘かな私の野望であります。
[PR]
by chitta_toy | 2009-05-12 21:09 | Comments(0)

 2009年5月15日(金)はままんすまいるかふぇ出店のため

 木のおもちゃ「チッタ」はお休みさせていただきます。

 
 
 「ままんすまいるかふぇ」とはリフレクソロジー、アロマセラピー、オーラソーマなどの施術を行う

 資格を有する現役ママさん達が開くママ向けの癒しのスペースです。お子様連れ大歓迎とのこと。

 チッタはプレイスペースを担当し、おもちゃの販売も行います。


 施術だけでなく手作りのパン、布雑貨、陶芸作品の販売もあります。

 現役ママ達が作るこのイベント、私は初出店なので今から出店がとても楽しみです。
[PR]
by chitta_toy | 2009-05-12 00:10 | おもちゃ屋 | Comments(0)

月、水、金営業します


 久しぶりのブログになってしまいました。

 書きたいことはいろいろあるのですが、まずは大切なお知らせをさせてください。

 これまで予約制で営業してきた木のおもちゃ「チッタ」は

 5月11日(月)より月、水、金曜日の週3日間定期的に営業いたします。


 木のおもちゃ「チッタ」

 〒206-0001
 東京都多摩市和田746-57

 TEL/FAX 042-389-5507

 営業日   月、水、金曜日

 営業時間  10:30~17:00

 ※土、日ご来店希望の方はお気軽に電話042-389-5507
   もしくはメールchitta_toy@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

 ※月、水、金曜日の営業日でもイベント出店、講座などのためお休みをいただいたり、
  営業時間に変更がある場合がございます。
  お客様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、ご来店の際ブログにてご確認
  いただければと思います。

 
 <お車でお越しの場合>

 カーナビに「多摩市立和田中学校と入力してください。

 駐車スペースは1台分ございます。

 お越し頂いた際に既に車がある場合はお手数ですが別の駐車場を
 ご案内いたしますのでお声をかけてください。

 <バスでお越しの方>

 聖蹟桜ヶ丘・多摩センター駅から京王バスの桜72・桜73系統
 のバスに乗車。「愛宕神社」バス停にて下車。
 バス停から多摩センター方向へ進み、右手に見えてくる「和田中通り」
 を右折。坂を下り、最初の交差点を過ぎ左側に見える住宅街へ入る
 石畳の道を上がり、右側6件目が木のおもちゃ「チッタ」です。

 地図

 

 
 
      「おもちゃは心の栄養、人と人をつなげるコミニケーションツール」
      をモットーに国内外よりおもちゃを取り揃えております。


      おもちゃコンサルタント・マスターの資格を持つ店主がおもちゃの選び方、
      遊び方などをお話させていただきます。


      全ての商品はお子様が直接手にとりあそぶことが可能です。

       ぜひ、お子様のお気に入りのおもちゃを見つけてください。

  日本のおもちゃ作家さんたちのおもちゃや、
   
f0154002_22372282.jpg


   
f0154002_22403472.jpg



  各種テーブルゲーム
  
f0154002_22585866.jpg


  
 ドイツをはじめ各種ヨーロッパのメーカーのおもちゃ

 
f0154002_23462012.jpg


f0154002_23473899.jpg



 チッタ店内

f0154002_23485521.jpg


f0154002_23492730.jpg


 おもちゃでおとなも子どもも夢中であそんでいると、
 言葉がなくても確かに心と心がつながる瞬間があります。
 その瞬間は子ども達の記憶には残らないかもしれないけど、
 何かしらの形で心の中に残ると信じています。

 親子で豊かな時間を持つことを、おもちゃを通してお手伝いができたらと思っています!
 
 


 

 
 



 
[PR]
by chitta_toy | 2009-05-09 23:31 | おもちゃ屋 | Comments(0)

世田谷を遊びつくす


 29日に「IID 世田谷ものづくり学校」の「GREEN DAY]

というイベントに行って来ました。


 大好きな本屋「ユトレイヒト

 のメルマガで時々こちらで行われるW・Sが紹介されていて、面白そうなものが多く、

 子どもが対象のものもあるので一度行ってみたかったのです。


 この日はイベントのためいろんなW・Sに屋台が出ていてお祭りの様相。

 端材を使ってバードコールを作ったり、牛乳からバター作ってみたり、

 カメラマンの女性からポストカード購入し話し込んだり、折り紙やったり、

 「ユトレヒト」が出していた射的本屋で見事狙った本二冊ゲットし大喜びしたり。


 とにかく盛りだくさん。


 目に入るもの全てがセンスよく、欲しいものばかり。

 デザイナーさんの事務所やパン屋さん、ここに事務所を構えている方は

 普通に仕事してたりして面白い空間でした。


 中でも私の目を引いたのは「東京にも森がある」という垂れ幕。

 
 見れば東京産の杉を使った手作り箸のワークショップをしています。


 最近、木のおもちゃ「チッタ」と名乗っているわりには木のことを全くわかっていない…

 というのが恥ずかしくなり、勉強せねば…と思っていたところなのでそこにいた

 若い今風のアラレちゃんめがねをかけたお兄さんに声をかけてみました。

 すると「取締を呼びます。ちょっと待ってくださいね」とのこと。

 
 なかなか携帯がつながらずようやく現れた取締の方を見て思わず「あっ!」と一言。

 向こうも「あら?」


 私が射的本屋で狙った本を打ち落とすのを後ろで見てて、「すごいねー」

 と声をかけてくださった方でした。


 その方は「株式会社 森のいいこと
 の取締さんで、森と人をつなぐ、森林マネージメント、森林にまつわる商品開発をする

 会社の方でした。

 私がおもちゃ屋をしていること、おもちゃコンサルタント、東京おもちゃ美術館についてお話

 するとおもちゃ美術館についてかなり興味をもたれたよう。


 法政大学の学生と一緒に東京産の杉を使った木のおもちゃを作ったとのこと。

 それらを実際に見せていただきました。


 すると自然と子ども達が集まってきて遊び始めるのです。


 おもちゃの力というかそれを素早く発見する子どもの嗅覚てすごい…。


 取締さんと別れ、ものづくり大学をもて出て世田谷交通公園へ。


 さすが世田谷!

 公園は広くよく整備されていて遊びやすい。


 子ども達は大喜び。


 その後さらに移動して「プレイパーク世田谷」へ。


 こども達は初プレイパーク。

 私は9年ぶり、羽木プレイパークに遊びに行って以来。

 焚き火の火をみておののく娘2人。

 小学生の男の子達が木を火にほうり投げると火が大きくなるので

 ますますびびる。

 でも火て本当に綺麗。

 見ていて飽きない。暖かさも暖房器具のそれとは全然違う湿度のある包みこむようなあたたかさ。

 こども達は何か火から感じられたかしら…。


 その後も普段経験したことない急斜面を登ってみたり、大きなブランコに乗ったり

 とプレイパークを楽しんできました。


 やっぱり多摩市にもプレイパークが欲しい…。

 切実に思いました。


 その他にも大人70円、子ども30円で乗車できる公園内を走る新幹線もあり、

 大満足で帰路につきました。



 


 

 

 


 


 
[PR]
by chitta_toy | 2009-05-01 15:02 | イベント | Comments(8)