チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

すまいるコンサート

f0154002_19275297.jpg

先日立川にあるすまいる農園で行われた、「すまいるコンサート」にておもちゃコ−ナ−を担当してきました。


主催は音楽を通して子育て支援を行うエル・ソレイユさん。


二台のアイリッシュハ−プの音色は体全体を包みこむよう。マイクがなくてもこんなに音が響くのかと感心しました。


親子連れのコンサートだったので、途中でじっとしていられなくなった子ども達へそっとおもちゃを差し出します。



性別、年齢、その子の雰囲気を見ておもちゃを選びます。

部屋から何度も脱走しようとしていた子が「円錐積木」を差し出すと、ず−と出したり入れたりしてあそんでくれてママも笑顔になりました。



この日は円錐積木が大人気で別の子もひたすらこれてあそんでいました。


休憩時間にあそんだダンシングアリゲ−タ−(ワニ型の引き車)を気に入った女の子。


引っ張ると音が出てしまうので、部屋の外に出していいかたずねると、ママが「演奏中は抱っこしているので貸してもらえませんか?」とのこと。


ここまで言ってもらえるおもちゃは幸せです。
それだけ気に入ってもらえるおもちゃを紹介できて嬉しいです。


演奏中は本当にずっと抱っこしていてくれて感激でした。


ちょっと騒がしくなってしまいましたが、演奏とおもちゃのコラボレーションは成功だったと思います。


演奏家であるエル・ソレイユ代表の方が「あそんでいて聞いていないようでも床をつたわったりして音の波動は伝わるの。音のシャワーを浴びてるのよ」という寛大な考えでいらっしゃるからでしょう。


音のでるおもちゃについてもっと勉強したくなりました。
[PR]
by chitta_toy | 2010-06-29 19:27 | Comments(0)

店は街の文化だ!

先日多摩市内を車で走っていて三件閉店した店を見つけました。


その内の一件は聖蹟桜ヶ丘駅の側の花屋さんで、お花屋さんの奥が昼間はカフェで夜はバ−になる、個性的で素敵なお店でした。


アレンジメントを注文すると見たことない花を使って、独創的なアレンジにしてくれるのでなるべくこの花屋さんに注文するようにしてたのに…。


カフェの運営を学生が担ってたり、お花の教室やったり、各種勉強会をやったりとお花の販売だけにとらわれず、文化の発信をしているようなイメージでした。



オ−ナ−の女性も気さくですが人としての奥深さを感じる方でした。


そんなお店が無くなってしまうなんて。


本当に残念です。


考えてみると聖蹟桜ヶ丘駅の周辺には京王系列の花屋が三件あるのです。


閉店した花屋さんは駅の近くとはいえ、かなり大きな幹線道路の向こう側。


信号渡るより駅から近い花屋さんで買い物済ませてしまう可能性大ですな。


駅のすぐ側なんて家賃が高すぎて大手のチェ−ン店しか出店できないようになってる。


個人店が出店するのは無理です。


だからどこの駅行ったって単に小綺麗なだけて何にも個性もこだわりも感じられない退屈な店ばかり。景色もにおいも一緒。


人の気配が感じられなくて殺伐としてる。マニュアル通りの対応しかしない店ばかり。


店は街の文化だと私は思います。


多摩市は個人経営の店が本当に少ない!


昔コミュニティービジネスの講座を受けた際に聞いたのですが、多摩市は個人経営の店が成り立たちにくいそうです。


地元密着型の商店街はどこも元気がなさそう。


こうやってその街の雰囲気、文化が損なわれるのはなんとも辛い。



一言も発せずになんでも買い物できる店も便利で必要だけど、たわいない会話が楽しめる、人のつながりが感じられる店がもっと増えたらいいなと思います。


このご時世では難しいとは思いますが。でも店舗にこだわる必要はないわけで。業種によっては引き売りでもなんでも方法はあるはず。後は収益上げられるかどうか。チッタも自宅じゃなかったら五年続けてこられなかったです。



人と人のやりとりができる店、ないならやればいい!ということで、第五回モノ・コト市は来週7月4日(日)11:00〜17:00まで。永山ハウスで行います!


なんといっても今回の目玉は投扇興!!


江戸時代から日本に伝わる対戦型のあそびです。

枕木に置いた的に向かって扇を投げる優雅な遊び。

この機会にぜひ体験してみてください!


 
[PR]
by chitta_toy | 2010-06-27 20:07 | Comments(0)

孤ではなく個へ

ワ−ルドカップ日本決勝進出!めでたい!めでたい!



テレビの前に布団を敷き、ゲームスタート時には起きる予定が、私は意識が朦朧。(2時に布団に入ったので)


夫の拍手、歓声を聞きながらウトウトしていました。


朝ニュースで試合を見て感動しましたね〜。


日本はラフプレイが今回ワ−ルドカップ出場チ−ムな中でもかなり少ないとか。イエローカ−ドの枚数も少ないそうです。


反対に多いチ−ムは予選敗退しているそう…。


これは何を意味してるんでしょうね。


サッカ−のことは全然わかりませんが、日々サッカー好きの夫の解説、持論を聞いていて思うのはやはりチ−ムワ−クがポイントなのでは?


日本選手自ら肩を組んで君が代を歌いたい、と言ったことやインタビューから伝わる選手の一体感が、相手を信じそれに応えるプレーが生まれてるからなのではないかと思います。くさいけど心が繋がってること。
そこから生まれるものの素晴らしさっいったら…。
フランスを見てればわかりますよね。


個はもちろん大切だけど孤ではだめってことかな。


昨日の朝日新聞の社説に書かれていた言葉です。


規制緩和が進み個が孤になっている、今こそ「つながり」を大切にしないといけないと。



サッカーの試合を見ていてその言葉を思い出しました。

チッタはおもちゃ屋です。おもちゃを通して心と心をつなげるお手伝いができたらと常日頃思っています。


いろんなイベント、場所柄に出店させていただき、そこでできたつながりは私にとって大きな財産です。


そこからお仕事が広がったり、いろんな事を学ばせてもらっています。


そのことを「おもちゃ」を通して伝えていけたらと最近強く思います。


おもちゃ屋であること、人と人のつながりを生むこと、全く別ものですがそれをつなげて仕事にできたらと考えています。
[PR]
by chitta_toy | 2010-06-26 11:45 | Comments(2)

コメントのお仕事

f0154002_11405336.jpg

先日東京おもちゃ美術館にて、おもちゃコンサルタント養成講座のグッド・トイレポートのコメントをさせていただく仕事をしてきました。


過去数回務めさせていただいているのですが、おもちゃコンサルタントの先輩方のコメントが素晴らしく、それに比べて自分は…と落ち込んで帰路につくことがよくあったなあ…。


今回一緒にコメンテ−タ−を務めたのは「グッド・トイ選考運営委員」のメンバーの方々。心強い。


今期の受講生はなんというか和気あいあいの雰囲気で、レポートの発表もとっても上手!


皆さんの発表を聞いていると、グッド・トイて何だろう?おもちゃの存在意義てなんだろう?といろいろ毎回考えさせられます。


選考に関わっていると、おもちゃに対してまずマイナス面、グッド・トイなのか否か?というところから入ってしまっている気がします。


受講生の方のレポートは「これが私のグッド・トイ」と屈託がなく、真っ直ぐなので聞いていて気持ちいいです。


一人の受講生の方が「おもちゃに意識がいきがちだが、あそびが一番大事!」と発表され、深く共感しました。


子どもの頃あそんだもの、お父さんから作り方を教えてもらったものなど思い出にまつわる発表もあり、ちょっと感動しましたね。


おもちゃがその時々の子どもの生活を彩っている、それを紹介したり販売させてもらえるなんて、私はいい仕事選んだなあと思いました。
[PR]
by chitta_toy | 2010-06-24 11:40 | おもちゃコンサルタント | Comments(0)

泥棒

長女の学校から不審者がこれからの季節多く出没するので注意するようお便りをもらいました。


夫に「困るわ〜小さい子狙うなんて卑怯だよ。」と話し、夫婦で長女に不審者への対応をおさらいしました。



その様子をじっと聞きいっていた次女。


翌日長女が学校から帰って来ない(帰りにピアノ教室へ行っているため)
ので「泥棒に捕まったのかな〜?」と心配そう。


泥棒?


次女の中では不審者=泥棒のよう。


そして「ママ泥棒には塩かけたらいいよ」と次女。


母:なめくじならねえ…効果あるけど…

次女:じゃあ泥!

母:…泥ねえあんまり怖くないんじゃない?逃げていかないよ。

次女:「じゃあ水かけたら?」


詳しいやりとり忘れちゃったのですが、結構笑えました。このやりとりではうまく表現できないのですが、どうも次女は泥棒=妖怪、お化けと思っているらしいのです。


なぜか次女はお化け、妖怪が大好き。


もう終わってしまいましたが、「怪談レストラン」というアニメが大好きだったし、図書館に行ってもお化けや妖怪ものの絵本ばかり持ってくる。


タイトル忘れましたが、結構後味の不気味な(私はそんな絵本大好き)お化けの絵本を、図書館から借りてきて、あれだけの絵本の中からよくこんなの見つけたなあと感心したものです。



今はメルヘンの世界に生きる時期の次女。


十分その世界を堪能してもらいたいものです。
[PR]
by chitta_toy | 2010-06-23 21:20 | 子育て | Comments(0)

HPリニューアルしました


 HPリニューアルしました!こちら
 今回も友人のウェブデザイナーに作成をお願いしました。


 自分では素敵なHPになったと思います。

 いかがでしょうか?

 仲良しの友人なので私の趣味をよく理解してくれていて、


 スムーズに進みました。



 この2年はおもちゃコンサルタントの活動メインのHPでした。

 子どもたちも大きくなり、動ける時間も長くなりこの1,2年で移動販売

 に行かせていただく機会も増えました。



 おもちゃコンサルタントの活動と、おもちゃ屋、私にとってどちらか一つに

 絞ることはできません。車の両輪のようなもの。


 どちらかに集中してはどうか?

 チッタの営業日をもっと増やしたらどうか?


 お店は開いた瞬間からお客様のものですものね。


 何度も考えましたが、私は自分がやりたいようにこれからもやっていく、

 そう自分の中で結論をだし、HPのデザインも決めました。


 ぶっちゃけ好きな事をやって収益を上げるのは難しいです。


 思いついたままやりたいようにやっていて、計画性なんてあったもんじゃない。


 でもそうやって動いているといろんな出会いがあり、いろんなチャンスがあります。


 もちろん辛い事、しんどい事、失敗も数えきれないほどあります。


 先週起きた問題をまだ解決できていません。


 自分のなかでその問題をどうクリすればいいのか答えがでなくて。


 思いっきりビジネスの話です。



 経験ないのでどうしたらいいかわからない。


 でも自分でこの状況を打破するしかありません。

 あまり長引かせてもいけないから早めに決着させないと。


 こやって不器用ながら一つ一つ向き合ってクリアしていくしか

 ないのでしょうね。


 それにしても今月は本当に出会いが多く、友人達の言葉に心動かされることが

 多い。毎日が充実しています。


 しんどいことも多いけど地球に生まれ良かったーと織田裕二の物まね

ばりに、叫びたくなるような出会いに言葉、環境に恵まれています。



 何事も最後は人ですね。



 こんな店ですが明日は営業日です。


 プスティフィックスのシャボン玉で自由に遊んでもらうためお試し用を用意しています!


 ぜひあそびにきてくださいね。




 

 
[PR]
by chitta_toy | 2010-06-22 19:04 | その他 | Comments(4)

熱くなります

f0154002_2337529.jpg

いや〜ワ−ルドカップ面白いですね−。


サッカーが好きとか詳しいわけでもないのですが、見てると熱くなりますね。


今も叫び過ぎて喉が軽く痛いです。


7月、8月は幼稚園が午前帰りになり夏休みにもはいるので、6月に仕事をがんがん入れています。


今日は稲城市Iプラザで行われた「親と子のわたし時間ぱお」に出店してきました。


初めての出店でどれくらいの年齢層の子ども達が来るのか検討がつかなかったのですが、やはり季節的にプスティフィックスのシャボン玉は好評でした。お買い上げいただいた皆様、ありがとうございました!


お客様が途切れると同じ建物内の児童館へゲームの営業に行ったり、事務所へ行き講座の営業をしたりしてきました。


イベントに出店して楽しいのは新しい出会いがあることです。



今日も両隣の出店者の方といろいろお話させてもらいました。


オ−ダ−カットソ−工房putiさんとは子どもの話をしました。putiさんのお子さんは高校生だそうで、名前を呼びかけただけでめんどくさそうに「何?」と言われるとか…。

それにめげず話かけて距離を縮めないと、どんどん距離が開いちゃうとのことでした。


ママ、ママ毎日言われてうんざりすることありますが、言われるうちが花なのですね…。


Pea Podさんはカラダと五感を育てるインナーウエアをモットーにシルク素材のインナーを製造、販売しているママ二人です。


こちらでは布ナプキンを購入。最近使い初めいろいろ迷うこともあったのでその辺の話を聞きました。


子育てしながら株式会社を運営するお二人の話は共感できる部分が多く、方向性は多少違っても同じような思いを抱いて活動している話を聞くと胸が熱くなりました。


今後何かしらの形でつながっていきたいです。


今週はとにかくおもいがけない出会いが多く、どれもチッタにとって大切な出会いばかり。


ずっとご挨拶に伺いたいと思っていた保育園の関係者さんとも今日ぱおで会えたし。


7月、8月とゆっくり案を練って下半期、来年へこの出会いをつなげていきたいです。
[PR]
by chitta_toy | 2010-06-19 23:37 | イベント | Comments(2)

 本日6月16日(水)は午前中多摩市子育て総合センター

 「たまっこ」にて講座を行うため、午後1時半からの営業になります。


 当日のお知らせになってしまいすみません…。


 お客様にはご迷惑おかけしますがどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by chitta_toy | 2010-06-16 00:15 | チッタ営業について | Comments(0)

 今日は世田谷にある「キッズスペースぶりっじ@roka」にて

 「こころをはぐくむ~おもちゃと音のおはなし」という講座を行ってきました。


  本来なら今回の講座はエル・ソレイユさんと一緒に講座を行う予定でした。

  エル・ソレイユさんがアイリッシュハープの演奏と音のお話をしてくださるはず

  だったのですが、怪我をされて急遽キャンセル!

  おもちゃの話と手つくりの木製指人形作成という内容にしました。


  さすが世田谷!?

  緑が多いのは多摩市とかわりませんが、なんとなく雰囲気がセレブ…

  緑が多いとやはりなんだか道を歩いていても落ち着きますね。

  「キッズスペース@roka」はUR公団の建物の1階にあります。

  部屋の2面が窓で、外の公園が見えてとても開放感があり、
  気持ちのいい空間でした。

  参加者の方々はみんな0歳の赤ちゃん連れ。

  実際におもちゃに触れながらおもちゃの話を聞いてもらいました。


 「紐を引っ張ると動くおもちゃを見ると泣くのですが、どうして?」

 「おもちゃの量はどれくらいがいいでしょう?」

 「つまむという手の動きを促したいけど、どんなおもちゃがいいですか?」

  など質問もいろいろいただきました。


  おもちゃがたくさんあって集中力が散漫になっても、

  子どもは自分で自然と遊びこめるものを見つけてあそびますよ、

  つまむ動きを促すならチェーンリングや、長めに切ったストローを

  たくさん用意してペットボトルに入れたり出したりしてあそぶといいですよ、

  とお話しました。


  毎回講座を終えてから、この内容で良かったか?

  参考になったかな?と不安になります。レコーダーで自分の話を録音し

 聞きなおして改善すべきところは改善しなくては…と思っています。

 

 レコーダー買わないと…。


 今回エル・ソレイユさんが参加できなかったので、

 次回、またエル・ソレイユさんとのコラボ講座企画します。

 移動販売や移動モノ・コト市の話もちらっと出ています。

 
 今後もいろんな形で「キッズスペース@roka」さんとつながっていけたら

 と思います。




 
[PR]
by chitta_toy | 2010-06-16 00:11 | 講座 | Comments(4)

 第5回モノ・コト市のチラシが完成しました!

 今回も友人のパンチョ・パンジャさんがチラシを作成してくださいました。

 パンチョ・パンジャさんはチッタオリジナルポストカードも作成してくださっています。

  
f0154002_21154681.jpg



 第5回モノ・コト市~こころとからだ地域をはぐくむ~

 日時:2010年7月4日(日)11:00~17:00

 場所:永山ハウス 京王線、小田急線永山駅より徒歩5分
    〒206-0024 多摩市諏訪1-65

 内容:木のおもちゃチッタ    心をはぐくむをモットーに安全でデザイン性にこだわったおもちゃの販売。
    見本のおもちゃで遊べます。

    
    くりちゃんの店
    有機栽培の野菜や果物、自然食品の販売。

    リスモール
    ハンガリーから直輸入のワイン、ハーブティーの販売。

    ブレッドこばやし
    天然酵母のパン屋さん。特に惣菜パンがおすすめ。
    カレーパン、クリームパンが絶品です!

    MOVIN"ON
竹布素材の下着、ボディータオルなど夏にぴったり!涼しいアイテムの
    お店。

    投扇興体験会

     江戸時代から日本に伝わる対戦型ゲーム。
     扇を投げて的を落とす、扇と的の落ち方の形によって点数が決まる
     優雅なあそびです。
     5歳くらいからあそべます。
     東京おもちゃ美術館で投扇興のワークショップを行う
     おもちゃコンサルタントの方に投扇興の遊び方を教えてもらいます。
     ぜひ、この機会に体験してみてくださいね。

     カフェコーナー
     おいしいハーブティー一杯100円!

     ミニおもちゃのひろば
     おもちゃで自由にあそべるスペースです。    


    入場無料、雨天決行です。

    駐車場はありません。


    永山ハウスには「子どもの文化ギャラリーりんごの木」があります。

    こちらではテーマに沿ったおもちゃの展示、自由に遊べるおもちゃ、

    絵本などがあります。オーナーは元保育園の園長先生。

    わらべ歌など気さくに教えてくださいます。こちらにもぜひ
   
    足を運んでくださいね。

 私個人としてはこの市をすることで、いろんな方と出会い、つながりが生まれ

 ています。遊びにきてくださった方々が「楽しい!」そう感じてもらえる

 市になるよう準備を進めていますので、みなさん、ぜひ遊びに来てください!
    

     
    
         

  
[PR]
by chitta_toy | 2010-06-12 22:17 | イベント | Comments(2)