チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ミラクル沖縄

f0154002_23383942.jpg

f0154002_23383938.jpg

朝一でペンションから歩いて一分のダイビングショップへ。真栄田岬シュノーケリングツアーへ出発です。


真栄田岬には「青の洞窟」という有名なタイビングスポットがあります。


洞窟がありそこの海が光の加減で美しい青に見え、魚もたくさんいるとか。


四歳の次女は母とボ−トでお留守番の予定が、人手があるので浮輪で次女もスタッフが一人専属でついて連れて行ってくれるとのこと。


というのも先日から沖縄では高校総体が行われていて、飛行機も宿もその関係者で押さえられていて、観光客が例年の半分くらいしか来てないそう…。


曇り空でちょっと残念と思っていたら、晴れの日より曇りの日の方が青が綺麗に見えるそう。


光を構成する三原色のうち最後に残るのは青で、海は深くなるほど光が届かないので青く見えるそうです。


青の洞窟はちょっとしたシュノーケリング渋滞がおき、芋洗い状態でしたが例年のこの時期はもっと混んでいるそう。


確かに洞窟の海の色は今まで見たことない神秘的な青でした。


青と一言で言ってもいろんな色の青があるなあ…と実感。


手から直接魚の餌やりも行い、魚の噛む力の強さに腰が引けました。


ペンションに戻って地元の雑誌をパラパラとめくっていると、気になる記事が。



東京から沖縄に移住し、もりのようちえん(園舎をもたず自然の中で過ごす幼稚園)のような保育園を始めた女性の紹介でした。


「そらいろえん」かあ…
素敵な名前だなあ、見学に行ってみたいなあと軽く思いながら、世界遺産になっている座喜味城跡へ。


車窓の景色を楽しんでいるとふと「そらいろえん」という、かわいらしい手描きの看板が一瞬目に飛び込みました。ペンションから車で10分ほど走ったところ。


まさかね〜住所知らないけど、まさかここじゃないよねと思いとりあえず座喜味城跡へ。その後座喜味城跡の近所のやちむんの里へ行き、陶芸工房巡り。


そしてペンションへ戻る帰り道。


意識して見ているとやはり「そらいろえん」とはっきり看板には書いてある!


ここだ!


だったら見学したい!と思いふと思いついた。


ペンションのマスター(オ−ナ−は別にいた)の息子さんが今日は保育園に行ってるて言ってたからここでは?


ペンションに到着してすぐ、キュ−バから日本にお嫁に来たマスター婦人に「ダニエル君の保育園てそらいろえんですか?」
と、いきなり聞くと、あっさり「そうです」


あぁ〜ビンゴ!
こんなことあるんだ!

お迎えについて行きたいのですがいいですか?
と尋ねると笑顔で「もちろん!」


それも20分後。


異常にテンションが上がります。


こんなことあるんだ〜とスキップせんばかりだったのですが、ミラクルはこれだけではなかった…。


マスター、次女(ダニエル君と仲良し)と三人でお迎えへ。


雑誌に載っていた女性に自己紹介をすると、「どこからいらしたんですか?」と言われ「東京都多摩市です」と答えると「あ〜私多摩市の保育園に勤めてました」


とおっしゃる。


聞けば私もよく知ってる保育園。

信じられない!
こんなことってあるんですね〜。


マスターはペンションに戻らなくてはいけないので長居はできませんでしたが、写真を撮りまくりしゃべりまくって帰りました。


次回来れるなら絶対ここでボランティアさせてもらおう!と心に誓いながら。


「そらいろえん」はとにかく環境がよくて歩いて行ける範囲に雰囲気の違う海が幾つかあり、ダムがあるので淡水魚とも仲良し、公園も幾つもあり保育園は陶芸の工房の敷地内に立ってました。


こんな環境だとおもちゃなんていらないんじゃないかなあ…


ああ肝心なこと聞くの忘れた。


こども達が恐ろしい屈託がなく、こどもらしくて目がキラキラ、イキイキしており、「ね〜名前は?」と一斉に質問されおてんばな次女でもたじたじでした。



ペンションに戻ったら、ペンションのすぐ裏の海へ。

ペンションのプライベートビーチ状態で私達以外誰も泳いでいない…。


というのもこのビーチは砂浜も海の中も岩や死んだ珊瑚、不気味で巨大なナマコがいるので裸足ではまず泳げない。

でもそんな事私達には関係ない。
マスターに海用の靴にシュノーケルセットを借り海へ。



遠浅でかなり沖へ行っても私の腰ぐらい。


海の中は大きな魚は時々しか見ませんでしたが、小魚天国。群れにも何度か遭遇しました。


私達も慣れてきて岩や座礁を捜してはその側にいる小魚を観察。



どれだけ海にいても全然飽きませんでした。


今日も出会いに恵まれた一日でした。
[PR]
by chitta_toy | 2010-07-30 23:38 | Comments(0)

アカウミガメ放流

f0154002_236843.jpg

夫が急遽七月末に夏休みをとることになったので、沖縄に来ています。


北海道への出張の多い夫のマイルが家族四人那覇まで往復分貯まり、奇跡的に飛行機も宿もとれたので来ることができました。


今日の昼過ぎに到着したのですが、沖縄は雨…。


軽く凹みながら道の駅かでなへ。


ここは二年前に沖縄に来た時も食べたのですが、ハンバ−ガ−が美味しくて有名なのです。そのハンバーガーでますば腹ごしらえ。


道の駅屋上は展望台になっていて嘉手納基地が一望できます。


道の駅の前の道を挟んだ正面は嘉手納基地なのです。


車で市内を走っているとあまりにも基地が広大で異様に見えます。日米地位協定て…と思わず夫と真面目な話をしてしまいます。



今日から三日間ビ−チリゾ−トで有名な恩納村にあるリゾートホテルに宿泊…ではなく「サンセットビ−チハウス」というペンションに宿泊。


ここならリゾートホテルで大人一泊分の値段で家族四人泊まれます。


畳の部屋で小さなベランダ付き。名前の通り全部屋(といっても四室)から晴れていれば綺麗な夕日が見られます。今日は生憎写真の状態。


宿のすぐ裏が海でヤドカリやら小魚がわんさといます。貝の直径が5センチはあろうかという巨大なヤドカリも。

ラウンジでは気さくなオ−ナ−(私より若いかも)がとても親切に対応してくれ、歩いて一分のところにダイビングショッブがあり宿泊者は割引がききます。オ−ナ−の四歳になるご子息がまた可愛い…。奥様も気さくな方。ペットの真っ白な美形な猫ちゃんや、夕方庭で放し飼いされるうさぎに娘達は大興奮でした。
子連れでも安心して泊まれます。おすすめです!

偶然にも屋外のテラスにてなんと絶滅危惧種のアカウミガメが、発砲スチロールの箱の中でふか真っ最中とのことで見せてもらいました。


長さ6センチ程の小さな亀達が箱の中の砂の上でじっとしています。
保護するための活動だそう。

今晩琉球大学の学生が放流に来るので、見学してはどうですか?とオ−ナ−。


もちろん参加させてもらいました。


100匹以上の亀のお腹を見て卵黄?のようなものがついているものは、箱に戻されます。


記録写真を撮ったら(フラッシュはだめ)いざ海へ。


箱から一匹づつ取り出し波打際に亀を置きます。



とたとたと小さい体で海に真っ直ぐ向かって行く亀の後ろ姿にちょっと感動…。本能てすごい!


波でまた元の場所へ流されてくるので、娘達が踏ん付けるのではとヒヤヒヤ。みんなで頑張れ!亀!と声援を送ります。


孵化したばかりの亀の甲羅は固く、足も力強いのですが、やはり手に持つと頼りなげで、こんな体でこんなでっかい海に向かっていくのかい?と心配になりました。


ちなみににアカウミガメは成長すると肉食系だそう。


琉球大学の方にいろいろアカウミガメの事を教えてもらい、長女も興味をもったようなので東京に戻ったらいろいろ調べてみようと思います。


明日は晴れますように…。
[PR]
by chitta_toy | 2010-07-29 23:06 | Comments(0)

ココカゲン


 今日は多摩市内にあるクラブハウス「リヴァイブ」で行われた

 イベントに出店してきました。


 リヴァイブにて毎週火曜、金曜日に育児中のママのためのカフェ「ココカゲン」

 をオープンした友人が主催。友人の
ブログ

 以下リヴァイブのブログから掲載。


幼児連れのママが、一人で・仲間と・気兼ねなく・自分の時間を持てる様に、民家をまるごと一軒開放しています。 

体にやさしいお昼ご飯も食べられるし、女性としてのセミナー、子宮学・誕生学・ベビーサイン・ベビーマッサージ・おもちゃコンサルタントとの遊び等、たくさんの事がお楽しみ頂けますよ。

毎週:火曜日と金曜日10時30分~15時30分 お待ちしています。一度遊びに来てみて下さい。お庭もあるし、お部屋も子供が走っても、気にしないで良いですよ(もちろんマナーは子供に教えないといけないけどね)。


 こういう場所があるっていいです。

 なかなかないです。

 公共の場所では売買はできませんからね。


 木のおもちゃチッタはおもちゃの販売とおもちゃのひろばを行いました。


 お庭では稲城のおいしいパン屋さん「solala」さんの移動販売。

 ランチには手作りのサンドイッチもオーダーできてそれがまた、アルミのお盆に

 並べられとにかくおしゃれでおいしい!!

 いつものようにお客様と話すのに夢中で写真撮るの忘れちゃった。

 残念…。


 手作り石鹸作りやホメオパシー講座、誕生学、イラストレーターの方と


 一緒に絵を描いたりと出店者のキャラが生きた個性的な内容でした。



 先月から地味にメルマガをはじめたので、そちらで告知させていただいたのですが、

 それを見て来てくださった方が何人もいました。


 先日掲載していただいた読売新聞の記事を見てご連絡いただいた

 お客様には無理言ってチッタではなく、こちらに来ていただきました。

 出産祝いをお探しでとても迷われたのですが、その場にいたお客様と

 いろいろお話しながら選ばれ、「楽しかった!」と言って帰っていかれたので

 安心しました。初対面なのにすぐおもちゃを通して打ち解けられる、

 今まで何回も見た光景ですが何度見ても気持ちのいいものです。

 


 暑い中駐車場もないのに来てくださって本当にありがたかったです。


 私は本当に人に恵まれているなーと感じます。


 出店者の方、主催の友人、来てくださったお客様といろいろお話させていただき

 やはり自分が楽しんでしまいました。


 10月にある別のイベントに出店して欲しいといお声かけていただきました。


 正直移動販売は準備に手間取るし、おもちゃの利益率を考えれば移動販売には不向きです。


 ビジネスとして考えれば。


 現に誰もやってない。


 自分で木のおもちゃを作って販売というならまだいいのでしょうが。


 でも腐らずにやっていれば結果がついてきます。


 結果が見えないと「何やってんだろう…」と心が折れそうになることもあります。




 でも自分の信じたやり方を続けていれば必ず結果はついてきます。


 それも人を介してして。

 私の場合は。


 信じたことを絶対にあきらめない。

 これにつきますね。


 学生時代成績がかなり悪かった、おばかさんだった私ができる唯一のこと。


 信じられられたのも人のおかげなのですが。


 秋にもいろんなところで出店します。


 おもちゃを通してみんなが笑顔になったり、心がつながる瞬間に立ち会えたらと思います。


 

 


 


 

 

 

 

 
[PR]
by chitta_toy | 2010-07-25 22:44 | イベント | Comments(0)

この暑さは災害

暑いですね…。
エアコンがあまり好きではないので、娘と私だけの時はエアコンをあまりつけません。じっとしていても汗が出ます。

NHKのニュースで「この暑さは災害だ」と言っていて深く頷いてしまいました。
暑い地域におおらかな方が多い理由がわかります。


こう暑いと「なんくるないさあ〜」となんでも思えてきます。

夏休み直前、とある保育園へ営業に行ってきました。

私が保育士を辞めて10年以上経つのですが、この10年程で保育の現場はだいぶ様変わりしたように思いました。
現場からではなく、外から見える部分もあるかと思います。学びたい事まだまだたくさんあるのですが、机上で終わらず子ども達や親という立場からの視点を忘れずにいたいと強く思います。
おもちゃ屋として、おもちゃコンサルタントとして
今後も何かしらの形で繋がっていけたらと思います。


先日も近所の保育園主催の子育て講座に講師としてお招きいただきました。

数年前からお願いしていたので、お声をかけていただいた時は嬉しかったですね〜。


すでに夏休み開けの仕事の予定が次々入っています。


最近、皿洗いや掃除機かけを娘達に分担してもらっているので、少しではありますが家事が楽になりました。


以外と七歳、四歳使えます。

夏休み開けがんがんお手伝いできるように今から仕込んでおかないと!
[PR]
by chitta_toy | 2010-07-22 13:56 | Comments(0)

三連休は美術館

f0154002_9362283.jpg

空を見上げると突き抜けるような青さで、夏だな〜と実感しますね。


鮮やかななので一日に何度も見上げてしまいますが、暑さは体力的にはこたえますね…。


夏休み前哨戦の三連休、我が家は涼しい美術館三昧でした。


17日は私は会議のため東京おもちゃ美術館へ。
家族も行く予定が駅から出てすぐの消防美術館?とやらに入り、ずっとここにいたのでした。


20日は友人達と東京都現代美術館へ。
「かりぐらしのアリエッティ×種田陽平展」へ。


自分達がアリエッティのような小人になってアリエッティの世界を体感するという企画。


アリエッティの世界を再現したのは映画の美術監督である種田陽平氏。


種田陽平さんといえば映画「スワロテイル」の美術を担当。


当時石川県から夜行バスに乗って新宿まで「スワロテイル」を見に来たのですが、わさわざ来たかいがあったなあと思えるいい映画でした。


劇中の架空の都市「イエンタウン」が当時から廃墟好きだった私にはツボで、パンフレットを見て種田氏の事を知りました。


私の大好きな辻仁成が映画を撮るときもよく種田氏が美術を担当していて二人で映画美術の本も出してます。


「キル・ビルVOl1」も好きな映画の一つなのですが、その美術も担当してます。


種田氏の話しが長すぎましたね。
肝心のアリエッティの世界は本当に面白い!


輪ゴム、鉛筆、どんぐりなど身近なものがとにかく全て巨大。


もちろんたた巨大なのではなく、アリエッティの家の中を自由に歩き回り小人気分を楽しめます。


細部にいたるまで作りこんでいるのですが、やはり混んでいて係の人が先へ進むよう促すのでゆっくり見れない…。



子どもも大満足な展示でしたよ。おすすめです。


21日は仕事の打ち合わせを終え友人ファミリーと一緒に板橋区立美術館へ。「2010イタリア・ボロ−ニャ国際絵本原画展」へ。



絵本の展示とあってチケットがポップアップだったりチラシのデザインもシンプルながらかわいい。


日本、韓国の方が大勢入選していてなんだか誇らしい。


コラ−ジュの技法を使った絵が多く見応えありました。


会場には絵本も置いてあり、展示に興味がない子ども達は読書。



展示を見て絵本コ−ナ−ヘ行くと「これ面白いよ」と娘が教えてくれて感慨深いものがありました。


幼稚園時代ほとんど文字を教えなかったので小学校に入り字が認識できるようになった娘。


教える側から教えられる側になるなんて…。



一緒に行った友人が言っていましたが、美術館に行く、その場に身を置く、絵本など子どもなりに楽しむそれら一連の事が文化に触れる事であり、心を豊かにしてくれるそうです。


大人も楽しめた三日間だったので、子どもも楽しかった!そう思ってもらえたら嬉しいです。
[PR]
by chitta_toy | 2010-07-20 09:36 | Comments(0)

横浜へ

f0154002_0121992.jpg

f0154002_0121918.jpg

先日、ず〜と一ヶ月以上休み無しで働いてきた自分へのご褒美に家族で横浜へ行ってきました。


目的は中華街食べ放題と大さん橋。


中華街食べ放題は目当ての横浜大飯店(確かこんな名前。テレビで紹介されてた)が二時間半待ちで断念。


朝、おもちゃの納品やら買い付けを済ませて来たので、出遅れ感は否めません。



ふらふらと歩いてなんてなく品数の多そうなオ−ダ−バイキングの店へ。


一皿がたいした量ではないので注文しまくり。


しかし私も35歳過ぎたあたりから、もとはとれたのか?と思うような量しか食べられなくなってきました。悔しい…。


夫婦で食べ放題大好きな私達。相棒の失速に夫はちょっと寂しそうではありましたがまあ食べる食べる。


全然胃もたれなどせず美味しくいただき大さんばしへ。



途中にあるロ−ソンが子連れに優しいと雑誌で紹介されていたので寄り道。


写真のジャングルジムのようなものはロ−ソンの店内です。



写真が下手くそでちゃんと写っていませんが、これすごい面白そうだった!
可能なら私も遊びたかったけど子供のみと書いてありました。


シンプルな造りなんだけど子どもの遊び心を引き出してくれる構造に見えました。


一部でいいから欲しい。

作れないか?と思わず真剣に考えてしまいました。


我が家の娘達もここからなかなか離れようとしないし、遊んでいる子ども達の表情がいきいきしてて本当に楽しんでいるのが伝わってきました。


お茶買って大さんばしへ。


ここは夏は直射日光が厳しいけど子連れに本当におすすめスポット!


高台なので海に船は見えるし、広大な敷地を車を気にせず走りまわれるし、床は木だから転んでもたいしたことないし。


海風がとにかく気持ちいい。


子どもほったらかしで大人はのんびりできます。


たまたま大さんばしのホ−にてア−ト系のイベントをやっていたので行ってみました。


フライヤーを集めたコ−ナ−で一生懸命集めてたら、会場のデザインを担当したという建築家の方が声をかけてくれました。


いろいろお話伺っていると保育園の設計をしたというので、写真を見せてもらってびっくり!


こんな保育園見たことない!というモダンというか現代ア−トの中に部屋があるみたい。


ぜひ見学したい!と言うと秋この保育園にてワ−クショップを行うとのこと。
絶対行かなきゃ。


こういう偶然の出会いに私は本当に恵まれていて、何かしら面白い情報がチッタに集まってきます。



それらを知る事にやりたい事が増えて困ります。


ちゃんと事業仕分けしないとね。
[PR]
by chitta_toy | 2010-07-16 00:12 | Comments(0)

プロジェクト和豪

今月のあたまに出店させてもらった「ア−スガ−デン」の野外ライブでたまたま「プロジェクト和豪」というバンドを知りました。


ステージから近いブ−スだったので音がよく聞こえ、あ〜なんかこの音楽好き〜と感じ、夫に店番を頼みステージ前へ。


津軽三味線やオ−ストラリアの原住民族の楽器ディジュリドゥ、ベースなどから生まれる音楽は今まで聞いたことないジャンルなのに、なんだか懐かしく体がリズムをとってしまう…。


音楽の事全然詳しくないのですが、以前から民族音楽には興味があっていろんな民族音楽聴いてみたいなあとは漠然と思っていました。


TSUTAYAに借りには行くんだけど結局、何借りていいのかわからず帰ることが続いていました。


沖縄民謡でも…と思うけどいろんな種類あって選べない。


なんだかプロジェクト和豪の音楽はツボにはまりました。


HPで曲聞けるので聞いてみてください!

香取慎吾君主演「座頭市The Last」の音楽も担当したとか。

スケジュールを見ると金沢でワークショップとあるではないですか!

 金沢出身の私、お盆にには実家に帰省しますが、

 残念ながらワークショップは7月24日…。


 あー参加したい。

 ディジュリドゥやってみたい。 

 オーストラリアに住んでいた際によく若い男子が自分へのお土産

 に買っている姿を見て「あんなものどうするんだろ…」

 と冷めた目でみていたことを後悔しています。

 買ってくればよかった…。


 聞いてると前から習いたいと思ってた和太鼓ますます習いたくなったわ〜。
 和太鼓でプロジェクト和豪に参加できないかしら?(笑)
[PR]
by chitta_toy | 2010-07-15 00:18 | その他 | Comments(0)


 いよいよ夏休みが近ずいてきましたねー。

 2年生の長女、年中の次女の毎日のお昼ごはんを考えるのも甘くないです。

 ものぐさな私は、5パターンぐらいのメニューを順番に作ることになるのですが、

 作っている本人も飽きてしまう…。ぬー悩ましい。


 まあ始まってしまえばあっという間に終わってしまう夏休み。

 普段なかなか子どもたちも忙しく、じっくり一緒に遊ぶ時間も持てないのでは?

 そんなときにおすすめなのがテーブルゲーム。

 今年もテーブルゲーム講座やります!
 

 「テーブルゲームであそぼう!」
  夢たま補助金事業(多摩市市民提案型まちづくり事業)キラキラ★ママのハッピースクール

   おもちゃを通じてどんなことを、子供たちは学ぶのか?
   テーブルゲームの魅力のお話を
   おもちゃのプロ講師から伺います★
   
  ゲームを通して感じる一体感、瞬発力、判断力、コミュニケーション能力・・・

  テレビゲームにはない、魅力のあふれたドイツ製のテーブルゲーム体験!

  夏休みには、
  親子・家族で楽しめる
  テーブルゲームで遊びませんか?

 日時:7月27日(火)13:00~14:00

 場所:関戸公民館和室

 対象:5歳以上の子とその親。
 5歳以下の兄弟を連れてきても可。講座がスムーズに進むようご協力ください。

 定員:親子8組(先着順)

 参加費:500円

 講師:横尾泉 講師
 おもちゃコンサルタント・マスター
 木のおもちゃチッタ店主

 問い合わせ先:たまじょ(TAMA女性センター登録団体 たまじょ)
 Mail:yumetama.tamajyo@gmail.com
 持ち物:特になし


 残席わずか!

 お申し込みお待ちしております。
[PR]
by chitta_toy | 2010-07-14 23:57 | 講座 | Comments(2)

報告遅くなりました


 久しぶりの更新になってしまいました。

 言い訳がましいのですがとにかく毎日忙しく、

 ブログを更新する力が残っていませんでした。


 終了して1週間以上経ってしまいましたが、第5回モノ・コト市

 大盛況で終了することができました。


 お礼がすっかり遅くなってしまい申し訳ないです。

 暑い中足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました!!


 今回のモノ・コト市の目玉ともいえる投扇興体験会、大好評でした。


 小学生の男の子達が真剣な表情で扇を投げあったり、

 2歳ぐらいの子がママのお膝から扇をほうり投げる、

 すっかり投扇興にはまり家族で東京おもちゃ美術館で行われる

 投扇興のワークショップに参加する!と意気込んでくださったファミリー…

 近所の児童館に来て指導してくれないかしら?と

 言ってくださる方も。


 投扇興という新しいあそび、世界を知っていただくことができて

 嬉しかったです。


 投扇興を担当してくださったおもちゃコンサルタントの方は、

 いいお声をお持ちのナイスミドル。(て、この言葉通じるかしら?)



 「姿勢を正して!」「持ち方はこう!」ときびきびはっきりと子ども達に

 指導してくださり、親や先生以外の大人から厳しく物を言われたことのない

 子ども達も、とまどってはいたと思うのですがちゃんと言われた通りに

 していました。これもいい体験だったのではと思います。


 会場の外のテラスではアイスティーを販売しました。


 こちらは会場である永山ハウス(コーポラティブハウスというマンション)

 の住人の方々がボランティアでお手伝いしてくださいました。

 
 プステフィックスのシャボン玉体験コーナーも用意し、

 子ども達がシャボン玉を楽しみました。


 おもちゃのひろばもおもちゃコンサルタント仲間がボランティアで

 見守りスタッフを務めてくださり、常に子ども達でにぎわっていました。

 
 投扇興、おもちゃのひろば、しゃぼん玉と子ども達がいい感じに

 分散してあそぶことができたようです。





 そうそうモノ・コト市に遊びに来てくださったお客様から突然のサプライズが…。


 先日お客様に声をかけていただきき企業内運動会にてキッズコーナーを担当させて

 いただいたのですが、そのことに対してその企業の社長さんから感謝状をいただいたのです。


 「社長の代わりに読みますね」と言って読み上げてくださった感謝状には


 「おもちゃコンサルタントマスターとしてちびっ子とママさんにたくさんの


  笑顔を与え、運動会の成功に大いに貢献されました」


 とありました。



 読み上げていただいた後、その場にいたお客様方や出店仲間に拍手を

 いただき、思わず号泣…。


 涙と汗で化粧がぼろぼろのまま「社長に報告しないと!」といわれ記念写真におさまったのでした。


 
 お客さんに楽しんでもらうためには自分がまず楽しまないと、と毎回自分が一番

 楽しんでいます。


 こころとからだ地域をはぐくむ、このモットーを忘れずに次回10月に向けて

 また準備していきます。





 

 


 
[PR]
by chitta_toy | 2010-07-13 19:41 | モノ・コト市について | Comments(4)

ア−スガ−デンに出店

f0154002_18542075.jpg

今日は代々木公園で行われたア−スガ−デンに出店しました。


友人のお店makiras
(ネパールやバリ島から直輸入の洋服や雑貨のお店)さんの一部をお借りして出させていただきました。


毎年4月に行わるア−スデ−に何度か遊びに行ったことがありますが、とにかく人が多くて。


出ているお店は面白い店が多くて刺激を受けるのですが、ゆっくり見られない。


ア−スガ−デンは出店者の数がア−スデ−より少ないけど、お客さんも少ないのでゆっくりと過ごせます。


出店してる人がこの人は普段何で生計たててんの?と思う人がちょこちょこいて話したり見てたりするだけで楽しい…。



モノ・コト市の参考になるところもいろいろありました。


例えば道路に色ガムテ−プでケンケンパができるように四角にを貼ったり、木から木へ三角の旗を張りめぐらすとか。


可愛くてすぐ真似できるネタが満載。


それを写真に収めるのも楽しい。


古本屋さんで欲しかった本を格安で手に入れたり。


一お客として楽しめました。


チッタとしてはプステフィックス(プスティフィックスと書いてました。間違いです。恥ずかしい…)のシャボン玉がヒット!


見本のぞうさんを使ってシャボン玉をすると、わらわらと人が集まってくる。


いつも親子向けのイベントしか出店していないのでびっくりしたのが、若いお姉さん達が「かわいい!」と買ってくださったこと。



お試しを貸してあげると「これ癒される〜」とのこと。


なんだか新鮮でした。


明日はモノ・コト市のため私は参加できませんが、シャボン玉は販売してもらいます。



他にもこまや赤ちゃん向けのカタカタなども販売してます。



モノ・コト市同様こちらもよろしくお願いします。



モノ・コト市明日11時から夕方5時まで永山ハウスにて行います!


ぜひ遊びにきてください!
[PR]
by chitta_toy | 2010-07-03 18:54 | イベント | Comments(2)