「ほっ」と。キャンペーン

チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2011年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今日はTAMA女性センターにて会報誌の連載「行動する多摩の女性」取材を受けました。


男女平等の視点や一歩踏み出したい女性が、読んで元気がでるような内容にとのこと。


おもちゃコンサルタントの活動を中心に、夫との関係性、子育てなどについて2時間話しまくる。


時間の制限ないならまだまだ話せるなあ…なんて思うくらい話弾む。


特に夫との関係性。


仕事をしているとはいえ、ほぼおもちゃの仕入れに消え、収入らしい収入のない私はどうしても夫に対して精神的に卑屈になる事がある。


家事だって労働!と自分に言い聞かせてもやはり、すっきりしなかった。


去年おためしコ−チングを受けたあたりから、なんとなく心境の変化があり最近はあまり感じなくなったけど。


でもそれは夫が家事を労働として認める姿勢を示しているからだなと、話しながら夫に感謝。



チッタを始めて今年で六年目になりますが、もし、私がチッタを始めず就職していたら、私達夫婦は今ほど深い絆が保てなかったかもしれない。


六年前、大反対を押し切ってチッタ始め、三年間は無視されてたけど、それ以降のチッタに夫は欠かせない存在。


心が折れそうな時も、彼が話を聞いて冷静にアドバイスしてくれたおかげでまたがんばろう!と思うことができた。



「この本読んでみな!」と私の好みにぴったりなビジネス書を薦めてくれ、読んだ後二人で話し合うときはどんなビジネススクールよりも効果がある。


もし私がどこかに就職していたら、今のような会話はなりたたなかったかもしれない。


あきらかに夫はここ数年チッタに関わる事を楽しんでいる。


実家の母やご近所の方にまで「ご主人変わったね〜」と言われる。


もちろんチッタに関わるだけでなく、子育ても彼に影響を与えているのでしょうが。


子ども以外にチッタという共通の話題があることは私達夫婦には大きい気がします。


自分が変われば相手も変わる。


それは間違いないです。


夫婦は鏡のようだなあと思います。


不機嫌な態度で向きあえば相手も不機嫌になる、笑顔で接すれば相手もそうなる…。


男と女、脳の構造が違う他人同士が共同生活を営み、子を育てる。なんと尊い活動だろう。


これは小さな社会ですね。


この社会をうまく生きることがいいビジネスに繋がるんだと思います。私は。



インタビュ−という形でいろいろ話をさせていただき、自分の考えを整理することができました。


ママのしゃべり場やったら面白いかな。


特に女性は話す事で頭の整理をする生き物だから。


話すことで発見があったり、自分でも以外な自分の考えに気付いたり。


ファシリテ−タ−やりたいなあ。今でいうワ−ルドカフェみたいな感じで。
[PR]
by chitta_toy | 2011-01-31 20:06 | Comments(4)

今週のチッタ

今週は充実していました…。あっとい間に終わってしまった。


月曜日にはずっとゆっくりお話したいと思っていた方と、じっくりお話をさせていただきました。
同じ本を読んでいたり、やりたい事が一緒だったりして話していてとにかく楽しかった!


仕事にもつながり、いい仕事になりそうだなと今から楽しみです。


火曜日はおもちゃコンサルタント仲間の初おもちゃの広場を見学。


人が選んだおもちゃを見るのは勉強になります。
発見もあるし。今後の参考にしよう。


水曜日はチッタの営業日。新規のお客様が来てくださいました。

幼稚園から帰宅した次女を見て、とても嬉しそうに、興奮した様子で「あっあっ」と声をあげる赤ちゃんの様子が本当にかわいかった!


木曜日は今年初のモノ・コトカフェ。


インフルエンザで学級閉鎖になった小学生が参加してくれました。


「にじいろのへび」
「ねことネズミの大レ−ス」
「かえるさんジャンプ」
「牧場のかくれんぼ」
「ハリガリジュニア」「ハリガリ」
「ごきぶりポ−カ−」「ケチャップ」
などのゲームをプレイ。とっても盛り上がり一安心。


こうやって今後も地道に
テ−ブルゲ−ムの魅力を伝えて行きたいです。


金曜日は今年初のままんすまいるかふぇ。


出店し始めて二年。

いつもチッタを気にかけてくださるお客さんが、お友達におもちゃの紹介をしてくださったり、前回買って帰ったおもちゃでよくあそぶので…とまたチッタに来てくださったり。

お客さんとのこういう交流が嬉しく楽しいのでほぼ毎回参加しています。


今日は地元の公民館で小児科の先生のお話があったので、自分からお願いしてキッズコ−ナ−を担当させていただきました。


もちろんボランティア。


ですが小児科の先生におもちゃの営業したり、おもちゃのひろばの営業、果ては講師の仕事の営業までできました。


こうやって地道に人とつながり、今年も頑張っていきます!
[PR]
by chitta_toy | 2011-01-29 22:35 | Comments(0)
f0154002_17103951.jpg

今日は東京おもちゃ美術館で行われるグッド・トイ選考運営委員の会議に子連れで出席。



午後から宮西達也さんの絵本のよみきかせが、おもちゃ美術館であるとのことなので参加してきました。


宮西さんといえば「お父さんはウルトラマン」で有名な絵本作家さん。



私は「おっぱい」という絵本が大好きで、保育士時代も何度もよみきかせしたし、娘達にも数えきれない読んでます。


作者本人に読んでもらえるなんてなんて贅沢!


宮西さんはお笑い芸人のように話すのがとても上手で、参加者からしょっちゅう笑いが起こります。


さりげなく絵本の核心的な部分をお話してくださり、あたたかい宮西さんの人柄が伝わってくるお話でした。


読んでくださる本はどれも欲しくなります。


じ〜んとくるものもあり、やはりいつか絵本も販売して、こんないい絵本があるよ、と伝えたいなあと強烈に思いました。


よみきかせ終了後宮西さんとちょこっとお話させていただきました。


腰の低い明るい方で、お話させてもらうと元気がもらえる方でした。



その後もよみきかせの会の方がいろんな絵本を読んでくださり、最後は手作りおもちゃのこまを作って終了。


いろんな絵本を知ることができたし、作者本人にお会いすると、その絵本への思い入れも変わります。


宮西さんが絵本の編集者の方も紹介されていました。


おもちゃや絵本は少子化やメディアの発達に伴い、厳しい状況が今後も続いていくのでしょう。


それを止める特効薬はなく、こういった地道な活動が人から人へ伝わることしかないかなと思います。


こういう絵本がおもちゃがあることを知らない人にまずは知ってもらうこと。

そこからなような気がしました。
[PR]
by chitta_toy | 2011-01-23 17:10 | Comments(0)

日野のお店めぐり

f0154002_19543676.jpg

f0154002_19543660.jpg

f0154002_19543631.jpg

今日は日野市にあるお店巡りに行ってきました。


まずは我が家から車で10分ほどの「百草の庭」へ。


こんな近所でこれだけのクオリティーの雑貨を買える店があったなんて…。


器やカゴ、文房具、消しゴムはんこなど雑貨好きの心くすぐるものばかり。



写真にある豆枡を購入。
節分のディスプレイに使います。


「百草の庭」にて二軒のお店のDMをもらい、二軒目のお店へ。



ラッピンググッズと雑貨のお店「toi et moi」へ。

見たことないとってもかわいいラッピング用紙にリボン達。

フランスで買い付けてきた雑貨などフランス好きの私にはたまらない!


アンティークの子供用靴の中敷を購入。これもディスプレイに使えそう。

紙のラベルが巻いてありこのラベルがまたかわいい。


名刺交換をしいろいろお話させてもらいました。
ここなら近いしラッピング教室に通いたい…。オ−ナ−さんはラッピングの本も出されている方。本を見せていただいたけど、つかっている紙やタグがおしゃれで私好み。可愛すぎず、シンプルで男女どちらにも受ける感じ。

ワ−クショップもいろんなところでしているそうで、今後何かしら繋がっていけたらいいな。


三軒目の「CHAM TIME」というカフェの情報を入手しそちらへ移動。お手頃価格というのがありがたい。


ちょうどお昼時なので混んでましたが席は確保。


さらさらチキンカレーと抹茶とうふマフィンを注文。


次女は一人でスパイシーライスとプリンを完食しプリンお代わり!と言っていた。余程美味しかったのだろう…。


2階は貸しギャラリーになっているのでそちらも見せていただきました。


いいな〜日野市。

個人が経営するお店が増えて。

多摩市にもこんな素敵なお店達もっと増えないかな。


そしたらお店マップとか作りたいなあ…。
[PR]
by chitta_toy | 2011-01-22 19:54 | その他 | Comments(2)
f0154002_22522020.jpg

今日は関戸公民館にておもちゃのひろばをひらきした。


主催はワイ・マム・ハウスさん。多摩市在住の助産婦さんが産褥期のケアや子育て支援のため始めた場所です。


遊びに来ていたのはみんな0歳児!


まだあんよもお話も難しい時期の子達なので、ま−静かなおもちゃのひろば。


「ウ〜ア〜」といたるところからご機嫌な赤ちゃんの声が聞こえてきて、なんとも微笑ましい…。


赤ちゃんに囲まれて幸せな気持ちになります。


30分ほどおもちゃの話しをさせてもらいました。おもちゃはなぜ必要なのか?年齢にあった遊び方などなど。

おもちゃの話をした後と前ではお母さん達の様子が違います。

何となくどう遊ぼうかな…と迷いが最初はあるのですが、話を聞いた後は積極的に赤ちゃんとおもちゃで遊んでくれます。

「こんなことしてる!」
「これが好きなの?」など言葉もどんどん出てきます。


カタログにも手が伸びます。


おもちゃに興味をもってもらえたからだと思います。


そんなお母さん達の様子の変化を感じたときに、とてもやりがいを感じます。


今年はおもちゃのひろばをたくさんしていきたいなあ〜と思っています。


やはりあそんでいる子ども達の様子を見るのが一番勉強になります。

うちでぜひおもちゃのひろばやって〜という方いらっしゃいましたら連絡ください!
[PR]
by chitta_toy | 2011-01-21 22:52 | Comments(0)

グッド・トイレポート

昨日は先週に引き続きおもちゃコンサルタント養成講座にて、グッド・トイ発掘レポートにコメントを述べる仕事をさせていただきました。


緊張するのですが、受講生の方々の発表や一緒にコメントされる方の意見を聞くのは本当に勉強になります。


例えばおもちゃのメ−カ−に電話で問い合わせ、おもちゃが生まれた背景を調べた方、実際に周りの人に遊んでもらった感想を書く方、いろいろです。


今回一緒にコメントさせていただいた方はおもちゃ屋として大先輩の方。


その豊富な知識の一端に触れさせていただきすっかりファンになりました。


すごい方なのに腰が低くとても気さくで話しやすい方でした。


こういう出会いがあると、おもちゃコンサルタントになって良かったな〜と心から思います。


コメントをさせていただくにも、なるべく自分にしかない視点の話しをできたらと毎回思って準備しています。


「そういうみかたもあるな」と受講生に思ってもらえれば本望です。
[PR]
by chitta_toy | 2011-01-19 19:19 | Comments(0)

江戸東京たてもの園へ

f0154002_1052597.jpg

f0154002_1052563.jpg

f0154002_1052540.jpg

f0154002_105259.jpg

週末「はけのおいしい朝市」の後、六年振りに「江戸東京たてもの園」へ行ってきました。


名前の通り昔の建物が何件も移築され、中に入って見学することができます。


中でも私のお気に入りは前川國男という建築家の私邸。


家の造りがミニマムで使い勝手が良さそう。かつモダン。デザイン性も兼ね備えた家。


機能とデザインはなかなか比例しないものですが、この家は違います。


置いてあるスタンドや家具も本当に素敵。

シンプルで機能性重視。だけど木製なので冷たい感じはしません。


一見の価値ありますよ。


古民間では囲炉裏に火が焚かれ、ボランティアの方がおいしいお茶を入れてくれ、茅葺き屋根の説明をしてくれました。


よく回る風車も無料で作らせてもらえます。


子ども達は何故かどの建物に入ってもお風呂を捜し、「トトロのめいちゃん家と一緒だ!」と興奮していました。そういえばスタジオジブリが「千と千尋の神隠し」を制作する際にこちらへ見学に来たそうですよ。


家だけではなく銭湯、文房具屋、花屋、居酒屋などもあって見応えあります。


昔の建物はどれも本当にミニマムで機能的で、雰囲気が慎ましい。凜とした雰囲気。

建て売り住宅に住む私としてはその雰囲気の違いに圧倒されました。


 「住まう」という言葉が自然と浮かび、家を持つ意味、環境について考えさせられました。

駄菓子屋、タコ焼きなどの出店があったり、ベ−ゴマ、たけうまなどの昔遊びもできます。


園内を流れる川に厚い氷がはっていて、人がのって滑れそう。


そんな大きな氷見たことないので、子ども達はえらく興奮し、割ろうと必死でした。


偶然おもちゃコンサルタント仲間にも会い、楽しい時間を過ごせました。


たてもの園の帰りにさらに寄り道をして「中村文具店」へ。夫も私も文房具が大好き。


とってもお洒落なチラシだったので気になっていたのです。

普通の住宅街の一角で看板も見つけにくく、ちょっと迷う。


店に着くと60年前から文房具屋さんをしているだけあって、昔懐かしいものがごろごろ。

宝捜しのようでした。


まだリニュ−アルオ−プンさたばかりだそうで、お祝いのお花など飾ってあったのですが、送り主に知っている名前が。
雑貨デザイナーの方で、この方の本持ってます!と言うとオ−ナ−さんが「小金井市に住んでます。他にも何人もそういう方住んでますよ」とのことでした。


今年は今まで行ってみたかったけど行けてないお店へどんどん行きたいと思ってます。


またブログで報告しますね。
[PR]
by chitta_toy | 2011-01-18 10:05 | Comments(2)

はけのおいしい朝市へ

f0154002_12524374.jpg

日曜日に小金井市で行われている「はけのおいしい朝市」に行ってきました。


会場の「dogdecoHOME犬と暮らす家」はとても素敵なお店で、犬グッズはもちろん、着心地の良さそうな服や陶器の器なども販売しています。


こじんまりとしたお店の中は人、人、人。


でもうるさくなく、出店者の方々の人柄なのかあたたかな雰囲気で、つい長居したくなります。


アチパン」というパン屋さんのパンと「YUZURIHA」さんでお茶の葉を購入。


その後、チッタもぜひ出店させてほしい!とお願いしてみました。


見本のおもちゃを見せ説明していると、その様子を見ていたお客さんから「これ買えますか?」と声をかけていただきました。



今すぐではないですが、いつか出店させてもらえたらと思っています。


出店者さんとお話していると、私の地元石川県と縁のある方が二人いて、地元ネタで盛り上がりました。新しい作った名刺の裏に「石川県出身」と書いてあるので、そこから話が広がることは多いです。



次回は2月6日だそうです。ぜひ足を運んでみてくださいね。
[PR]
by chitta_toy | 2011-01-17 12:52 | イベント | Comments(4)

社内研修に参加

f0154002_122646.jpg

先日多摩市内にある企業さんの社内研修にてキッズコ−ナ−を担当してきました。


担当と言っても私はおもちゃを出してキッズコ−ナ−を作ったら、研修を見学させていただきました。


こちらの企業は世界一の会社を目指しているそう。そのためには社会貢献だ!ということでいろんな取り組みをされているそう。


私が見学したのは子ども向けのワ−クショップ。からだを使って絵本を作ろう!というもの。


ファシリテータ−がさりげなく、でも確実に子ども達をワ−クショップの流れに入れるよう言葉がけしていきます。


前半はひたすら、汗をかくぐらい体をみんなで動かし、後半は抽象的な絵を描き、それを見てストーリーを作成。さらにそれを体で参加者みんなで表現する、これが一連の流れです。


正味2時間。
じっくり見学させてもらいました。しかも贅沢なことに見学中、ワ−クショップを学んでいる社員の方の解説つき。


この解説があるのとないのでは大違い。

言葉がけの意味、今内容がどんな方向に向かっているのかなど注釈を聞き、見ると参加者の変化、ファシリテータ−の役割がよくわかりました。


かなり勉強になりました。

子どもに流れにそってさせるのではなく、その子の内面から出るものを待っ、促す。
気分ののらない子ももちろんいます。
その子にどう働きかけるか。

やはりファシリテ−トする側に基本的な知識は必要なのかなと思いました。
体を一緒に動かすと場が一気に和やかになります。大人は子どもから出てくるものを決して批判せず受けとめること、小さな反応も見のがさず拾っていくことが大切だそうです。

子育てにも通じる事ばかり。


ワ−クショップを終え、キッズコ−ナ−に戻ると写真の作品ができてました。


忍者、かえるさんジャンプが人形でした!


貴重な経験をさせていただきました!
[PR]
by chitta_toy | 2011-01-17 12:02 | おもちゃコンサルタント | Comments(0)

今年は幸先がいい


 今日は午前中イラストレーターの友人パンチョ★パンジャさん宅にて

 ネットカタログの打ち合わせ。

 脱線して漫画談義で盛り上がる。

 ツイッターのフォロワーさんの情報によると「ぼくの地球を守って」の続編

 が描かれたとか。

 それはないだろーと盛り上がったり、今だ現役のあさぎり夕の絵は古臭い、

 バスタードの作者に会ったことあるなど大盛り上がり。

 
 肝心な打ち合わせもさくっとして、今後徐々にHP、ネットカタログいいものに

 改善していこうと思います。


 パンチョさんのお宅へは歩いて10分もかからないので打ち合わせをするのも

 本当に楽で楽しい。



 午後からは同じ多摩市内の友人の会社「私の心地よさ」へ。
 どうなるかまだ先のことはわからいのですが、仕事のことで伺いました。

 私の心地よさ代表の紀乃さんは、とある映画の上映会で私から声をかけ、

 友人になってもらいました。この人とつながっていたほうがいい!

 とひらめいたので、心の赴くまま行動し、今では仕事の悩みを共有できる大切な仲間です。

 彼女から去年一冊のまっさらなノートをもらいました。

 表紙に「チッタの夢実現ノート」と書き、そこに思いついたことはどんどん書いて!

 と言われ今年も実践しています。

 やはり文字にしたり人に話したりすると、意識化され行動につながっていくようですよ。

 
 ノートの効果か去年知り合った方々から、今年もお仕事の依頼をいただいています。


 昨日2件あったと書きましたが、今日も2件。


 まだ内容ははっきり決まっていないので、打ち合わせをしながらつめていきます。


 いやー、本当に私は人に恵まれている。斉藤祐樹君じゃないけどもってる。

 自分でも動いてはいますが、いろんなご縁で知り合いそれが仕事につながっていく。

 ありがたいかぎりです。

 いつもならがくんと売り上げが落ちる1月、今年はぽつぽつとおもちゃが

 動いてます。

 こう書くと利益上げてそうに聞こえますが、全然ですから。

 心折れることもしばしばです。

 
 でもやめないの純粋に楽しいから。

 人との出会いが。おもちゃを買っていただくということは、お客さんの

 心を動かしたということ。

 それが快感だからです。嬉しくてしょうがない。

 チッタで買ったおもちゃでよくあそびます、とよく言っていただくのですが、

 こんな嬉しい言葉ありません。

 そして自分の活動が子ども達を被害者にも加害者にもしない、

 そこにどんな形であれつながっているのでは、と思うからです。

 
 今年もぶれずにがんばっていきます。

 

 

 
 
 
[PR]
by chitta_toy | 2011-01-13 20:10 | その他 | Comments(0)