チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あそぶ心

f0154002_21432041.jpg

f0154002_21432025.jpg

上の写真は長女が誕生日プレゼントにリクエストした「水晶をとりもどせ」というテ−ブルゲ−ム。


私の出身地、金沢にておもちゃコンサルタントが営むおもちゃ屋さん(cRoonさんまた遊びに行くね!)で、おもちゃコンサルタント仲間とプレイし、えらく気に入ったもの。


写真は次女がゲームのるル−ルを無視して、お話を作って遊んでいる様子です。


決まった遊び方だけではなく、子どもの発想次第でどんな遊びもできるおもちゃはやっぱりいい!



二枚目の写真はド−ルハウスで遊ぶ長女。
次女が誕生日に自分でじ−ちゃん、ば−ちゃんにリクエストして買ってもらった某ウサギのド−ルハウスも我が家にはあります。


一時よく遊んだのですが、最近はもっぱらこのド−ルハウスで遊んでいます。

家具など小物が適度な大きさと重み、安定感があり使いやすい。
他のおもちゃと組み合わせしやすいようです。


あそび心という言葉があります。
「あそび心が欲しい」
「ちょっとしたあそび心で…」
と幅広い意味で使われます。


子どもの様子を見ていると、遊びで体験したことは今後、いろんな場面で子どもを支えてくるるだろと思います。
[PR]
by chitta_toy | 2011-02-25 21:43 | Comments(2)
 昨日はウォルドルフ人形の作り方を教えてくださる、講師の方と

 打ち合わせをしました。

 念願のウォルドルフ人形作り講座を5月からチッタで始めます。


 ウォルドルフ人形とは?

 ウォルドルフ人形はシュタイナー教育の思想を背景にドイツで生まれました。

 ボディーの中は羊毛を使い、髪の毛に使う毛糸は植物染色したものを使います。
 適度な重みと自然素材の手触りは子ども達に安心感を与えてくれます。

 人形の特徴である目、口はとても小さくさりげなくつけます。
 子ども達がお人形に接する際、その時々の気持ちがお人形に反映できるようにです。
 楽しい、寂しい、嬉しい、悲しい、どんな気持ちにもお人形は受け止めてくれます。
 兄弟がでたとき、おっぱいを卒業するとき、保育園、幼稚園に入園するとき、
 子ども達の様々な環境の変化にも、お人形があれば心の支えになって
 くれるかもしれません。

 チッタでは完成形のお人形を注文することができます。
 ですが、あえて手作りにこだわりたいな、と思います。
 子どもの身近な大人が手作りすると、そのお人形は不思議にその子の
 雰囲気に似るのだと、講師の和田さんもおっしゃっていました。
 
 世界にたった一つ、その子のために作られたもの、そういうものは
 多くはないはず。

 気持ちのこめられたお人形はかけげのない存在になるのではと思います。

 講座は5月から予定しています。

 詳細決まり次第、メールマガジンや、ブログでお知らせさせてもらいます。

 昨日、講師の方に見せていただいた見本のお人形達です。

 
f0154002_23381236.jpg


 
f0154002_23394187.jpg

 


 講師の和田さんは本当に素敵な方です。

 昨日が初対面だったのですが、本当に話が合い、途切れることがありませんでした。

 絵本やおもちゃにも造詣が深く、お話していると勉強になります。

 
 昔はいろんな行事があるごとに地域の人が集まり、子育ての情報交換など
 
 していたんだと思います。

 そういう機会が現在は少ないので、お人形を作りながら、手を動かしながら

 参加者同士でいろんな話、情報交換できればと思います。
 

 
[PR]
by chitta_toy | 2011-02-23 23:47 | 講座 | Comments(0)

もののけ姫ごっこ

f0154002_9434012.jpg

先日、久しぶりに録画してある「もののけ姫」を見た次女。


翌日からもののけ姫ごっこが始まりました。


「ママ、あの白い服着た、こうやる子(サンの真似をする)なんて名前?」

「手痛くなる男の子の名前は?」


と私に聞き、生まれた我が家のアシタカ、サン、ヤックルが上の写真です。


男の子と女の子の人形はクリスマスにチッタで販売していた「おすわりフレンド」というお人形。

どちらかというとディスプレイの要素の強いお人形なのですが、我が家の娘達はド−ルハウスなどで遊んでます。


ヤックルは「おもちゃのこま−む」さんの「ポコ」というプルト−イ。


紐を引っ張ると背中が小さく上下し、なかなかリアルな動き。


白いソファーは雪山となり、お人形達が滑り降りたりしています。


テレビで見た物語をごっこ遊びを通して、自分の中で消化する…
なんか言葉が違うな。


自分の内面から湧いてくるイメージの世界に没頭して遊んでいます。

それは自分と向き合うこと。
想像力、創造力は生きる力の一つであるコミュニケーション力の源です。


遊ぶことでその子の内面の世界が広がります。

それがいろんなタイプの人とバランスをとりながら、生きていく力になるのだと思います。


私もたまに
「あの子を解き放て!」(あってます?)

「そなたにあの娘が救えるか?」

「あいつ食べていい?食べちゃだめ」

と何回も見て覚えた好きなセリフで参加してます。


たまにうっとうしいな…
という顔をされますが。


本気で自分ではない人格になると、ストレス解消になりますよ(笑)
[PR]
by chitta_toy | 2011-02-21 09:43 | あそび | Comments(0)

 現在放送中のジャパネットたかたのCM、

 最後に太一君がアップになった背景にチッタで扱っている円錐積み木が映っています。

 
f0154002_0301513.jpg

 円錐積み木(大) ¥5,145

 色のグラデーションが素敵。個人的に大好きなおもちゃです。

 たたずまいがアート。置いてある空間の温かみが増し、見ているだけで癒されます。

 遊び方もいろいろ。たとえばおままごと。

 
f0154002_0331433.jpg

 おせんべいやけたかな?

 
f0154002_0341223.jpg

 チッタ人気商品のカラフルウッドチップを使ってケーキ。

 
f0154002_035687.jpg

 ねずみの顔。

 
f0154002_0354445.jpg

 こんな積み方もあり。

 ネットカタログでも販売中。

 

 おしゃれイズムのセットにもプラスティック製の入れ子のおもちゃが

 飾られてるし、スッキリというワイドショーの背景にはスイッチピッチ

 が飾られてたり、ちょこちょこセットでおもちゃ使われているの見ます。

 
 チッタでおもちゃを選ぶ際も、インテリアの邪魔にならないか、

 遊ばなくなっても飾っておけるか?

 などデザイン性をかなり気にします。

 子どもたちにこそグット・デザインを!
[PR]
by chitta_toy | 2011-02-21 00:42 | おもちゃ | Comments(0)

今日考えたこと

今日のブログのタイトルなかなか決められなくて困りました。


先日、娘がインフルエンザに感染し、朝早く病院に連れていった帰り道、知り合いに会いました。


挨拶をし、娘がインフルエンザになった旨伝えると、足を止めず、目線もそんなに合わさず「お大事にね〜」と、その方は去っていきました。


悪口が書きたくこんなことを書いているわけではないんです!


ただその後の自分の心の動きを書きたくて。


妙〜に淋しかったんですよ。そんなに親しい仲ではなく、挨拶交わすぐらいの関係なので、上記の関わりで十分なはずなのに。


私はあのやりとりに何を求めていたのか?

どうしてこんなに寂しく感じるのか?


その昔、学生の頃なんかよくこういう寂しさに苛まれていた気がします。

本当に些細な事。

あの先生、もっとかまってくれてもいいのにとか、友人に対して私よりあの子と話す方が楽しそうとか…。


そういう気持ちが湧いてくる根本にあるもの。


「私を認めてほしい」
という気持ちのような気がします。自分を受け入れてもらえなかったのが寂しかったのかなと。
人は一人では生きていけないし、人と関わることでしか自分を知ることができませんしね。

親が子にしなくてはいけない一番の事は「見守る」事ではないかと最近思います。


やみくもに自分の都合で手を出すのではなく、見守る。

私はいつだってあなたを見てる、何があっても受け入れというサインを出し続けることなのかなと思います。


なんだかわけのわからない文章になってしまいました…。


でも書き留めておきたかったもので。


こういう些細な事ですが、人の心の動きに気をとめ考えることは接客のスキルアップに繋がるし、子育てにも役立つのではと思います。
[PR]
by chitta_toy | 2011-02-19 16:50 | Comments(2)

久しぶりのブログ


 うーかなり久しぶりにちゃんとブログ更新します。

 コメントもいただきながらなかなか返信、更新せず申し訳ないです。

 多摩市内児童館でおもちゃの話をしたり、町田市の子育てひろばでおもちゃの

 話をしたり、新規のお客様がチッタへ足を運んでくださったりと、

 いろいろ動いてはおりました。


 おもちゃや遊びについてもいろいろ考えておりました。

 主にお母さん達に向けておもちゃや遊びの話をさせていただく

 ことが多いのですが、自分の中から出てきた言葉ではないとやはり

 伝わらない、届かないと思うのです。

 本で読んだこと、人から聞いたこと、お~その通りだ!

 と思ってすぐ言葉にしても説得力がない。

 その言葉が本当に自分のなかに落ちたとき、浸透したときにはじめて

 伝わるなーと感じています。自分の言葉にするまではその事柄をよく
 
 咀嚼してます。咀嚼しながらおもちゃで遊んだり、風呂に入って

 あれこれ考えてるとあーこういうことだなと

 すっと落ちてくるんですよね。その瞬間がたまらなく楽しく心地いいです。


 何書いてるかわからなくなってきた…。久しぶりのブログだからか?

 ネットカタログ更新しています!→
 今月はテーブルゲーム特集です!

 ぜひ見てみてください。

 
 最近チッタで人気のおもちゃです。

 
f0154002_0535038.jpg

 アウリストロムメール クラッシック 2,940円

 ばちをくるくる回すとカラコロカラコロととてもいい音がします。

 外側をばちでたたいてもいい音がします。

 ドレミなど規則性のある音ではなく、木琴の音とも違うのですが、

 木てこんないい音するんだ!とちょっとした衝撃ですよ。

 チッタでは木製の玉の販売もしています。これを中に入れて転がすと

 これまたいい音がします。

 ばちはまだ危なくて持たせたくないときは玉をおすすめしています。

 普段、テレビ、携帯電話、電化製品などいやがおうにも電子音に囲まれて

 生活しています。

 音に耳を澄ます、という感覚がどんどんなくなってきているような気がします。

 刺激の強い音ではなく聞いていて心地いいもの、ランダムにならしても

 不快ではない、力の加え方、たたく場所によって微妙に変化する音の響き、

 ばちから伝わる振動、感覚をフルに使ってあそべるおもちゃです。

 木製の玉ではなく、他にどんなものを入れれば音がするか、

 入れたものによってどう音が変化するか?

 いろいろ楽しめますよ。

 ご出産祝いを探しに来られたお客様、最初は違うおもちゃを候補に挙げられて

 いたのですが、最終的に選ばれたのがこのアウリストロムメール、
 
 ということがありました。

 手渡ししてその場で遊び方伝えます!と木製の玉も購入してくださいました。

 このときは嬉しかったですねー。

 こういうぱっと見て遊び方がわからないけど、実はすごくいいおもちゃ

 というものをこれからもご紹介していきたいです。

 

 
 
[PR]
by chitta_toy | 2011-02-19 01:12 | その他 | Comments(0)
申し訳ありませんが、本日の営業は1時30分からとなります。


勝手言って大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします!
[PR]
by chitta_toy | 2011-02-16 07:22 | Comments(0)