チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

モノ・コト市vol.8

 
 モノ・コト市vol.8
~こころとからだ地域をはぐくむ~

 日時:2011年6月5日(日) 11:00~16:00
 
 場所:永山ハウス (京王永山駅より徒歩8分)
    
 
 <主催>

 ・木のおもちゃチッタ  おもちゃのこまーむ新作展示販売…etc
・makiras  コットン衣料、ハンドメイド雑貨

 <出店>
 ・菓子の家シーフォン シフォンケーキ、焼き菓子の販売

 ・cafe sakur  天然酵母のパン、お弁当販売

 ・リスモール ハンガリーワイン、紅茶販売

 ・ともちか ごう ポストカードトイ販売

 ・じじかく おともだち人形展示販売

 ・古書玉椿 国内外絵本、雑貨販売

 ・Anything,宇田川一美 前掛け、書籍販売

 <ワークショップ>
 「伝統の前掛け帆布を使って、 自分だけの'ちいさなお守りポーチ'を作ろう!」 

●講師 Anything,宇田川一美
 
 ●ワークショップ内容・・・
 愛知県豊橋で1枚ずつ織られる伝統の仕事着'前掛け'。
 丈夫でやわらかいその生地を使って、'お守りポーチ'を作りましょう!
 自分で色の生地、ひもを選んで好きな柄を入れて...完成
 (幼稚園の子供さんも参加できる内容です) 

 ●開催時間:11:00~16:00

 ●参加費:1ファミリー500円 お一人一つ作っていただきます。

 ●持ち物・・・特に必要ありません
 


 <協力>
 ・イタリアンレストラン きっちんカラーカ
 モノ・コト市チラシ持参の方に限り、ランチタイムお食事を注文時、
 生ビール¥500→¥300
 または
 ランチドルチェ¥300→¥150に割引サービスいたします!
 (グループ全員の方割引。ただしお一人様一品限り。6月5日当日のみ有効)
 

 ・子どもの文化ギャラリーりんごの木
 
 


 そのほかにも…

 絵本のよみきかせ、アイリッシュハープの演奏もあります!

 授乳スペース、オムツ交換スペース、キッズコーナーもあり!

 お散歩がてら遊びに来てくださいね。

 
f0154002_1522482.jpg


 
f0154002_152428.jpg

 
  前回のブログで8回目のモノ・コト市詳細決定!

 と書きながらその後もちょこちょこ修正あり、チラシがなかな

 完成しなかったのですが、昨日ようやく完成!


 今回は初出店のお店も多く、はじめての試みでチラシがクーポン付きだったりして、

 詳細つめるまでかなり時間かかっちゃいました。

 前回のモノ・コト市から半年…。

 主催メンバーが4店から2店に。

 前回作成した冊子「ものこと」のvol.2を作成予定が主催メンバー変更の

 ため作れなくなってしまいました…。

 早く再開したくていろいろ思考錯誤しましたが、makirasさんが主催メンバー

 になってくださり、無事8回目を開催できる運びになりました。

 出店者、私的にはとても豪華!

 モノ・コト市をどんな市にしたいのか?今後も続けていくにはどうしたらいいか?

 いろんなことを地震以降考えながら準備を進めてきました。


 

 今後出店してくださる方々を一つずつご紹介していきますね。

 

 
 

 
[PR]
by chitta_toy | 2011-04-27 15:59 | モノ・コト市について | Comments(1)

5月のモノ・コトカフェ「ウォルドルフ人形を作ろう!」
 
 はおかげ様で定員に達しました。


 今後お申し込みいただいた場合は、キャンセル待ちとさせていただきます。


 今後もお人形作り(次回はC体作成を予定)は継続していきます。


 これから春が過ぎ夏になった際、計画停電の様子をみて計画を

 たてなくてはいけないのですが…。


 久しぶりのブログになってしまいましたが、チッタ活動しておりました。

 町田の子育て広場にておもちゃのひろばをしたり、

 去年カタログをお渡しした保育園からご注文いただいたり、

 先輩おもちゃコンサルタンのに会いに行って情報交換したり。

 そして、前回から時間が経ってしましましたが、

 第8回「モノ・コト市」開催決定しました!


 詳細昨日決定し、今チラシ作成にはいっています。

 いやー4月はこの準備にけっこう時間かけました。

 主催が今までのメンバーから変わり、

 ママで起業家、前回のモノ・コト市にも出店してくださった

 「makiras」さんと一緒に主催します。

 今回の出店者もすごいです。

 必ず来てくださった方が「楽しかった!来てよかった!」と

 思えるラインナップです。モノ・コト市初出店のお店ばかり。


 プラスな方向性でみなさんの心を動かすことができればなと思います。

 詳細、近日中にアップしますね。




 


 
 


 
[PR]
by chitta_toy | 2011-04-23 00:14 | モノ・コトカフェについて | Comments(0)

4月13日の営業について

明日は保護者会のため一時半までの営業となります。


告知が直前となってしまって申し訳ありませんがよろしくお願いします!
[PR]
by chitta_toy | 2011-04-12 15:35 | Comments(0)

 5月のモノ・コトカフェ参加者募集のお知らせです。

 モノ・コトカフェとは木のおもちゃチッタにて不定期で行っている

 ワークショップのこと。一つのものや事柄に注目し、

 それらについて知識を深めたり楽しんだり、手作りしたりと

 いろんな形で物、事と関わっていきたいと思います。

 子育て中はあっという間に時間が過ぎていきますが、

 ちょっと立ち止まっていろいろ考えられる時間になればと思います。

 まあ、簡単に言うとお茶でも飲みながらワークショップを楽しもうというものです。

 
 5月のモノ・コトカフェは
 
 「ウォルドルフ人形を作ろう!」


 日時:2011.5.13(金)10:30~12:30
   
    2011.5.20(金)10:30~12:30
 
 場所:木のおもちゃチッタ(車1台分駐車場あり)

 講師:和田 真帆(スウェーデンひつじの詩舎講師)

 持ち物:特になし

 参加費・材料費: 8700円(講座2回分の参加費、お人形一体分のキッド代)

 定員:4名

 申し込み:お名前、電話番号、希望の色(ピンク、グリーン)を記入の上、
      
      chitta.toy★gmail.com(★を@に換えてください)まで
      メールにてお申し込みください。
 
 お問い合わせ:042-389-5507

 

 ※2回続けてご参加ください。

 ※お休みされる場合はモノ・コトカフェ開始前にご連絡ください。

 ※お休みされた場合、上記の日以外に日程を組みますが、講師料など
  上記の参加費とは別途頂戴いたします。

 ※お人形のボディの色はピンク、グリーン2色からお選びいただけます。

 ※お子様連れでもご参加いただけます。
  チッタのおもちゃで自由に遊ぶこができます。
 
 ※保育はついておりません。


 
f0154002_14481590.jpg

 お人形のサイズは30cmです。


 ウォルドルフ人形とは?

 ウォルドルフ人形はシュタイナー教育の思想を背景にドイツで生まれました。

 ボディーの中は羊毛を使い、髪の毛に使う毛糸は植物染色したものを使います。
 適度な重みと自然素材の手触りは子ども達に安心感を与えてくれます。

 人形の特徴である目、口はとても小さくさりげなくつけます。
 子ども達がお人形に接する際、その時々の気持ちがお人形に反映できるようにです。
 楽しい、寂しい、嬉しい、悲しい、どんな気持ちにもお人形は受け止めてくれます。
 兄弟がでたとき、おっぱいを卒業するとき、保育園、幼稚園に入園するとき、
 子ども達の様々な環境の変化にも、お人形があれば心の支えになって
 くれるかもしれません。

 チッタでは完成形のお人形を注文することができます。
 ですが、あえて手作りにこだわりたいな、と思います。
 子どもの身近な大人が手作りすると、そのお人形は不思議にその子の
 雰囲気に似るのだと、講師の和田さんもおっしゃっていました。
 
 世界にたった一つ、その子のために作られたもの、そういうものは
 多くはないはず。

 気持ちのこめられたお人形は子ども達にとってかけげのない存在になると思います。

f0154002_15135730.jpg

  本物の赤ちゃんのように遊んでいます。
[PR]
by chitta_toy | 2011-04-11 15:48 | モノ・コトカフェについて | Comments(0)
f0154002_16275382.jpg

f0154002_16275391.jpg

f0154002_16275343.jpg

今日はお天気が良く、気温も高めで我が家の子どもは今年初半袖を着用。


今日は小学校で入学式、新学期。

多摩市では桜が満開とまではいかなかったです。


だんだん生意気口をきくようになってきた長女を見ていると、あの初々しい一年生の頃が懐かしい…。


今日はチッタ営業日。


暖かくなってきてそろそろ外遊びを楽しみたいところ。


そこでおすすめなのがプステフィックスのシャボン玉。


ドイツで60年以上シャボテン玉だけ作り続けているメ−カ−です。


多少ならお口に入っても安全。手についてもごしごしとこすればさらっとします。

においもありません。

割れにくく、虹色がとても綺麗!


去年の夏、販売開始からすぐ人気商品になりました。


今日は写真のリアルなカエルさんを二つ、お買い上げいただきました!


他にも写真のリアルなぞうさんも人気!


どれも250mlのシャボン玉液がついて1680円です。

他にもイルカのものは水鉄砲とシャボテン玉が合体したもの、といろいろな種類を用意しています。


チッタでお試しもできますよ。
[PR]
by chitta_toy | 2011-04-06 16:27 | Comments(0)

物資届けました


 チッタのお客さんから電話をいただき、

 被災地に送る物資をお届けしてきました。お客さんの会社で物資を集めているとのこと。


 女性用下着、靴下、子供用靴下、タオル、生理用品、子供服のお古、

 とりあえずそれだけ。


 下着や靴下を買うため近所の衣料品店へ。

 娘達に「地震、津波でお家がなくなった人達にプレゼントするの」

 と話すと、いまいちぴんときていない様子。

 テレビで見たでしょう?学校の体育館に住んでる人がいっぱいいるの。

 お家がなくなったのよ。


 子ども達が想像しやすく、自分がそうなったらどうか?

 とイメージしやすい言葉を必死で私も選びました。


 「お家ないの?ランドセルは?お人形は?」

 娘達からいろんな質問の言葉が出てきました。


 「流されてない、何も、着替えのパンツもないのよ。靴も」

 そういえば地震のことは大人同士ではいろんな話をしたけど、

 子どもと面と向って話すのはこれが初めてかも。


 「これもいるんじゃない?」
 
 「スリッパは必要なものリストに載ってなかった」

 「靴下これがいいよ、好きだよきっと」

 「そうかなーこっちの方が汚れ目立たないし」

 などやりとりしながら必要なものを購入。


 帰ってからも「部屋の電気つかないならDSつけたら明るくなるかも…」

 という長女に「それも流されてないんだってば」と話すと、

 えーテレビでやってる子見たよ、と。


 ほかにもあー言えばこういうやりとりが続きましたが、

 少しでも被災地の子ども達の状況を感じてもらえたら、

 と思い言葉を考えました。


 こんな時、やはり読書の力て大きいのでは?

 と思います。


 本を読んでいれば想像力がつきます。

 言葉もいろいろ覚えます。

 親から聞いた言葉を頼りに、自分の中で少しでもイメージ広げて欲しい。

 人の痛みに心沿える人であってほしいな、と思います。


 お客さんからのお声がけで、貴重な経験をさせてもらいました。

 

 

 
  

 
[PR]
by chitta_toy | 2011-04-06 00:16 | その他 | Comments(0)

 新年度始まりましたね。

 まだ学校も幼稚園も春休みで、明日からようやく学校が始まります。

 見るつもりはないのに、子ども達がジブリに映画をテレビで見ていると、

 つい私も手を止めて見入ってしまいます。


 まるで今の日本の状況を予言しているようであったり、

 (ナウシカね)、主人公達の言葉や様子に励まされたり。

 アシタカの「共に生きよう!」、雫のひたむきさを見ていると胸が熱く

 なります。ジブリは必ず未来へ向うエンディングなので見ていてすがすがしい

 気持ちになりました。


 被災地の子ども達も早く見られたらいいな。

 今こそファンタジーが必要!それも質のいい!


 普段、アンチキャラクターおもちゃの私なのですが、

 今回の地震で考えがちょっと変わりました。


 被災地でアンパンマンのマーチが流れると子ども達が喜んだとか。

 歌詞に大人も励まされたとか。

 今、被災地の子ども達に必要なもの。


 食事は行き渡っているかな?お風呂は入れてるかな?

 着替えは足りてる?おやつ食べられる?

 いろいろ心配事はありますが、ちゃんと遊べてるかな?

 笑ってるかな?辛い、しんどいこと忘れる時間少しでも持ててるかな?


 いろいろ考えますが、おもちゃで遊ぶとしたら、自分の好きなキャラクター

 のものがあればそれだけでやはり嬉しかったり、ほっとしたりするのかもしれない。

 失くしてしまった日常を少しでもとりもどせるかも。

 おもちゃ、というよりキャラクターの力。

 好きなものがそこにある喜びってあるのかもしれない。

 たとえ一瞬でも。

 このキャラクター好き!
 
 大人の経済理念の中で生まれてキャラクターであっても

 その時のその子の心を捉えたことは邪険にしてはいけないのかなと。
 
 それをあなどっちゃいけないなと。自分に命じました。

 日常はある日突然日常ではなくなると知ったので。



 月一で私が通っている、東京おもちゃ美術館では今、

 被災地の子ども達の遊びを支援すべく動きだしています。


 被災地100箇所におもちゃを寄贈し、自由に子ども達が遊べる「おもちゃの広場」

 を開催。ただ寄贈するだけでなく「あそびのビタミン」というDVDも配り、

 大人が子ども達のあそびを確保できる環境作りお手伝いも目指しているよう。

 各おもちゃメーカーさんにも協力を要請し、相当量のおもちゃの寄付が

 集まる予定だそう。


 私も微力ながら今日おもちゃを送らせてもらいました。

 全て木のおもちゃ。


 地味ーなおもちゃばかりですが、それであそびこめるくらい、

 子ども達の心に余裕が生まれますように…。


 

 


 

 
 

 

 
 
[PR]
by chitta_toy | 2011-04-05 17:10 | イベント | Comments(0)