チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

遅いご挨拶になってしまいました。
f0154002_9272726.jpg


昨年も、木のおもちゃチッタ、モノ・コト市をご愛顧頂きありがとうございました。


今年もどうぞよろしくお願いします。

かなりわがままなペースで更新するブログですが、今年も読んでいただけると嬉しいです。


今年は例年よりハイペースで打ち合わせ、移動販売、おもちゃの講座の予定が入っています。


今月は町田市で行われる「まちカフェ」にて移動販売をさせていただきます。

おもちゃコンサルタント仲間に声をかけていただいたのがきっかけ。

もくロック、こまなど寒い時期に室内でも楽しめるおもちゃを持っていく予定です。


今月は2つの講座にも申し込みました。

1つはおもちゃを仕入れているメーカーさん主催のぬらし絵、みつろうクレヨン、満郎粘土のワークショップ。

一度きちんと学んでみたいと思っていたので、楽しみでしょうがないです。

もうひとつは西東京市で行われる「レッジョ・アプローチ」の講座。

保育士をしていた頃からレッジョ・アプローチには興味があったのですが、興味ある程度でした。


ですが去年末我が家であった出来事。

新東京国立美術館で佐藤可仕和さんの子ども向けワークショップがあると知り、申し込もう!と盛り上がる両親。


その姿を見た上の子は断固「嫌だ!」と言いはります。
何で?どうして?せっかくの機会なのにー、と粘る両親を前に泣き出す上の子。


図工の時間嫌い、人と違うもの作って何か言われるの嫌だ。

と、言うのです。

ショックでした。

おもちゃ、あそびを通して自分を知る、表現することの楽しさを伝えてきたつもりでした。

上の子の言葉の背景にはいろいろあって、その事は親として一応把握しているつもりです。

そこから出てきた言葉で、ショックではありましたが、やはり私はこどもに基礎となる部分は築いている、と確信しているところもあります。

今はまだそれが生きていないけど。

まだまだ基礎の基礎を築いた段階で今後も親子で、築いていきたい思っています。

おもちゃ屋、おもちゃコンサルタントとして頑張れるのも、親の背中から学べ!
という思いがあるからだと思います。

と、話がずれましたが今年は新しいジャンルを学びながら、おもちゃ、あそびの事を伝えて行けたらと思っています。

まずは楽しむこと、これが好き、心地よい、そう感じることの大切さを伝えていきたいと思います。


今年も1年、よろしくお願いします!
[PR]
by chitta_toy | 2012-01-06 08:46 | その他 | Comments(2)