チッタ日和~おもちゃと子育て、自宅ショップのあれこれ~ chittatoy.exblog.jp

自宅にて予約制のおもちゃ屋を営業中。子育てと仕事、二兎追うものは二兎得られるか?


by chitta_toy
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

つかみかけたこと


 今日は充実した一日でした。


 まず午前中は長女が通う学童保育の父母会主催親睦会へ。

 父母会会長としてこの日のために学童、父母会で会議を重ね準備をしてきました。


 とはいっても我家は1年生なので何かもが初めて。

 手探り状態だったのですが、他の役員さんたちのお陰で

 とても楽しい親睦会となりました。

 
 天気が良かったので、外で新聞ワークショップを行いました。

 おもちゃインストラクター養成講座で行われる名物ワークショップ。

  
 小学生の子どもができそうなものをチョイスしてやってみました。

 体に新聞を当てて走る、これだけで「ワーすげー落ちない!!」

 と子供達は大興奮!!

 私もテンションが上がります。

 この他いろいろなネタをためし、小学生の子どもたちが何をどれくらい

 できるのかデーターを集めさせてもらいました。

 久しぶりに全身で遊んだて感じ。子ども達と大笑いしストレス解消になりました。

 
 職員からも新聞あそびは大好評でぜひ来週から育成に取り入れたい!

 とのことでした。嬉しい…。


 もう一つ大反響だったのが「ジャイロリング」というおもちゃ。

 写真撮ってないので画像アップできないのが残念なのですが、

 職員の方が4つぐらい学童に欲しい!!とのことでした。


 最近学童へあそびに行っていないので、「チッタさん、またゲームしたいよ」

 と声をかけられじーんときてしまいました。


 親睦会を途中退席し「第5回地域ふれあいフォーラムTAMA」へ。

 まえはら小児科院長先生の講演の間、プレイスペースを担当しました。


 チッタのおもちゃを持参し、参加した親子に遊んでもらいました。

 中でも1歳後半の男の子と意気投合。

 (私が勝手に思っているだけですが)


 忍者をドミノ倒しのように横1列に一緒に並べるのですが、

 彼も手伝ってくれるのです。

 
f0154002_23422681.jpg


 でも倒れてしまい「おっ」と口を丸く開けてこちらを見るのです。

 そのやりとりを何回もしました。

 「はっぱ」をまわして見せると上手に彼も回していました。

 
f0154002_23434975.jpg


 まえはら先生にもおもちゃを見ていただき、「楽しかった」

 と言っていただきました。


 その後多摩市内の保育園へ。


 チッタおすすめのおもちゃをいろいろ持っていって園長先生に見ていただきました。

 いろいろお話させていただき、おもちゃコンサルタントとして、

 大きな発見がいろいろありました。


 頭ではわかったつもりだったことがすとんと、

 心の中に落ちた、かちっとはまった感じ。


 普段おもちゃコンサルタントとして鼻にもかけないおもちゃ、

 それらがすたることなく量産されるのはニーズがあるから。

 マーケティングに研究、試行錯誤を重ね市場にでてきているのですね。

 

 日本グット・トイ委員会が選ぶグット・トイにはそれらはほとんど選ばれません。

 そのギャップについてもっと考えなくてはいけないな、と思いました。

 他にもいろいろあるのですが、まだ言葉にできなくて。


詳しくかくと、保育園の内情を書くことにもなってしまうので、

 抽象的なことしか書けないのですが、おもちゃコンサルタントとして、

 確かに何かつかみかけた気がしています。

 新しい視点を手に入れた気がします。

 
 ぜひ雨の日に保育を見学に来て、と言っていただきました。

 子どもたちがそれぞれのあそびを見つけて遊びこむので、

 どの年齢の部屋も落ちついているそう。
  

  最近つくづく感じていることですが、まず子どもをみること、見守ること、

 一緒に遊ぶことの重要さを確認しました。


 ぜひ1度見学に伺おうと思います。
 
 
[PR]
Commented by gangroo at 2010-01-31 02:49
>普段おもちゃコンサルタントとして鼻にもかけないおもちゃ、
> それらがすたることなく量産されるのはニーズがあるから。
>マーケティングに研究、試行錯誤を重ね市場にでてきているのですね。
>日本グット・トイ委員会が選ぶグット・トイにはそれらはほとんど選ばれません。
>そのギャップについてもっと考えなくてはいけないな、と思いました。

…というところに、グッときました。
私も本当にそう思います。
メーカーさんが商品を開発するまでの努力。そして、社内でも企画のプレゼンをしながら試行錯誤していること。コストへの取り組み、ヒットさせるための努力…
知れば知るほど、簡単に
「このおもちゃは良くないよね。」
とは言えないと真剣に思うのです。

おもちゃコンサルタントになって、
自分は「いいこと」をしている…という
おごりに陥ってないかしら??
時々自分を振り返ります。

知らないで、勝手なことは言えないんだよね~と本当に思うんですよね~。チッタさんとますます話をしたくなりました。
また今度ぜひ。
Commented by chitta_toy at 2010-02-02 16:51
gangroo様
gangrooさんが会議でおもちゃが販売される過程の話
をしてくださったときは、なんとなく頭でわかった気がして、
勉強会でメーカーさんへの安全の取り組みを知り、
それらの過程があって今回自分の中ではっきりそのことを
理解できた感じがしています。
そこに確実にニーズがあるということ。
その意味を考えて行きたいなと思います。
本今度返しますねー。
by chitta_toy | 2010-01-31 00:07 | その他 | Comments(2)